FXON流 マーケット分析

メジャー通貨ペアを対象に、独自の感想とテクニカル分析による相場予測を提供しています。トレードの参考にご覧ください。


2024.02.26
NEW
FXON流 マーケット分析(2/19~2/25)
先週のドル円とユーロドル、ポンドドルには大きな動きはありませんでした。 ドル円は節目の150円を挟んだ値動きが続いており、上下にヒゲがある実体が短いローソク足が多く出現しています。ただし、150円を割り込んでも値を戻すケースが多く、どちらかというと市場は上目線であることがうかがえます。
2024.02.19
FXON流 マーケット分析(2/12~2/18)
先週の為替相場で大きく注目されていたのは米国のCPI(消費者物価指数)ですが、ご存知の通り予想以上の結果となってドル買いが進みました。これも踏まえて、1週間の流れを振り返ってみましょう。
2024.02.12
FXON流 マーケット分析(2/5~2/11)
先週の相場を振り返ると、ドル円は2月6日(火)に大きく下げ、2月7日(水)に147.61円の安値をつけました。翌2月8日(木)に大きく上昇し、2月9日(金)に149.57円の高値をつけています。
2024.02.05
FXON流 マーケット分析(1/29~2/4)
先週はFOMC、そして雇用統計という米国の2大イベントをまとめて消化した1週間となりました。週初から木曜までは下降トレンドだったものの、金曜夜の上昇がそれまで下げた分を一撃で回復しました。この経緯を時系列で追っていきましょう。
2024.01.29
FXON流 マーケット分析(1/22~1/28)
先週は、重要な経済指標が目白押しだった1週間でした。にもかかわらず、ドル円、ユーロドル、ポンドドルともに明確な流れはありませんでした。その背景を探ってみたいと思います。
2024.01.22
FXON流 マーケット分析(1/15~1/21)
先週の為替相場は、全体的にドルが上昇、円が下落、またユーロやポンドは、ドルに対しては大きな流れが出ませんでしたが、対円では上昇の流れが明確でした。このあたりを総合的に考えると、相対的に円売りが進行したと考えても良いでしょう。
2024.01.15
 FXON流 マーケット分析(1/8~1/14)
先週の為替相場を振り返ると、ドル円は上昇、ユーロドルとポンドドルは方向感のないレンジ相場でした。このあたりの背景を探っていきましょう。
2024.01.08
 FXON流 マーケット分析(1/2~1/7)
先週の為替相場は、ドル買い、円売りの流れが続きました。元日に発生した能登半島地震が、日本や世界の経済に与える影響は大きくないと思われます。しかし早期のマイナス金利解除観測を後退させた可能性が高く、円が売られる下地になりました。
2024.01.02
FXON流 マーケット分析(12/25~12/31)
今週は、1月3日(水)に米国のISM製造業景況指数、1月4日(木)の未明にFOMCの議事要旨公表、1月5日(金)にユーロの消費者物価指数と米国の雇用統計があります。年末から続く流れを変える材料があるかに注目です。
2023.12.25
FXON流 マーケット分析(12/18~12/24)
先週の外国為替市場は、主に日本円の金利動向による値動きが主導しました。日銀植田総裁が、12月7日の国会で「年末から来年にかけて一段とチャレンジングになる」と発言したことで、いよいよマイナス金利が解除されるのではという観測が強まり、ドル売り円買いが一気に加速してドル円は141.63円の安値をつけました。
2023.12.18
FXON流 マーケット分析(12/11~12/17)
先週の為替相場のハイライトは、12月13日(水)の米国の政策金利が発表されるFOMCでした。大方の予想通り、5.25~5.50%での据え置きとなりましたが、注目を集めたのは発表された内容です。今回のFOMCでは、来年の2024年には、75bpの利下げをすることが示されました。これは、0.25%刻みであるなら3回の利下げとなります。また、パウエルFRB議長は、利下げ開始に関する議論を行ったことを表明しています。
2023.12.11
FXON流 マーケット分析(12/4~12/10)
先週後半のドル円は大荒れの展開でした。12月7日(木)には、フラッシュクラッシュレベルの大暴落があり、147.30円からスタートしたドル円は東京~ロンドン~NYと3つの市場をまたいで下がり続け、27時前には141.63円の安値をつけています。実に約570pipsの大暴落となりました。なお、その後のドル円は長い下ヒゲを伸ばして反発しました。
2023.12.04
FXON流 マーケット分析(11/27~12/3)
先週の前半は、ドル円が下降、ユーロドルとポンドドルが上昇と、ドル売りの展開でした。CPI(消費者物価指数)など、インフレ関係の経済指標が低下傾向で、利下げのタイミングが早まるという見方が広がっていることから、ドル売りにつながっています。
2023.11.27
FXON流 マーケット分析(11/20~11/26)
先々週から続いていたドル売りの動きが、先週の前半で一段落し、11月21日(火)にドル円は147.15円で底を打ってから上昇に転じました。11月23日(木)は日本が勤労感謝の日、米国は感謝祭とそれぞれ株式市場が休場でした。さらに11月24日(金)も、米国は感謝祭翌日の短縮取引日で、株式市場はいつもより3時間早く取引が終わりました。こういった事情から、先週後半のドル円は方向感がない、小幅な値動きに終始しました。
2023.11.20
FXON流 マーケット分析(11/13~11/19)
先週の為替相場を振り返ると、週初にドル買いがピークとなり、そこから1週間をかけてドルが売り込まれました。
2023.11.13
FXON流 マーケット分析(11/6~11/12)
先週はこれといった大きなイベントがない1週間で、従来の流れが引き継がれた値動きとなりました。ドル円は上昇、ユーロドルはやや下げともいえる横ばい、ポンドドルは下降しました。
2023.11.06
FXON流 マーケット分析(10/30~11/5)
先週は、日本、米国、英国と3か国の政策金利発表があり、さらに米国の雇用統計も発表されるなど、非常にイベントが多い1週間でした。
2023.10.30
FXON流 マーケット分析(10/23~10/29)
誰もが注視していた、10月3日以来のドル円150円超えが、先週後半にあっさり達成されました。10月25日(水)の取引時間終了直前に150円を突破すると、その勢いのまま10月26日(木)には150.77円の高値をつけ、150円より上の価格帯をキープして日足が確定しました。
2023.10.23
FXON流 マーケット分析(10/16~10/22)
先週の為替相場は、あまり大きな動きがありませんでした。ドル円は動きが少ないレンジ相場、ユーロドル、ポンドドルにも明確な流れはありませんでした。現在市場が注目しているのは、ドル円の150円トライのタイミングと、その後の結果です。長期的な最高値である151.94円まで近く、なおかつそのすぐ下の極めて意識されやすい150円の目前まで迫っています。
2023.10.16
FXON流 マーケット分析(10/9~10/15)
先週の前半は、ドル円は下落傾向、ユーロドルとポンドドルは上昇傾向と、ドル売りの地合でした。これは複数の米国の当局関係者から、追加の利上げに対して慎重なコメントが複数出ていたからです。さらに、中東情勢に解決の兆しが見えないことも、追加利上げをしにくい雰囲気につながっていました。

表示:

全件数: 53 1/3

1 2 3 next