FXONオフィシャルサイト

相場レポート

FXONのテクニカルアナリストが、直近の為替マーケットの動きについて、世界のニュースや経済活動を元に、コラム形式で相場レポートを配信しています。トレードの参考にご覧ください。


2024.07.23
NEW
本日のドル円は午前中から下降トレンドで、午後1時前に156.19円の安値をつけています。前日の安値をわずかに更新しました。 ドル円の1時間足チャート(7月23日 午後2時15分時点)を見ると、ボリンジャーバンドのミドルラインは右肩下がりです。
2024.07.22
本日のドル円は、午前8時30分過ぎに157.15円の安値をつけてからは、反転上昇を開始しています。 ドル円の1時間足チャート(7月22日 午後0時55分時点)を見ると、ボリンジャーバンドのバンド幅が縮小しており、ミドルラインもほぼ並行で、トレンドレスな状態であることが分かります。
2024.07.19
本日のドル円は、午前9時過ぎに157.06円の安値をつけてからは、ゆったりと上昇に転じています。 ドル円の1時間足チャート(7月19日 午後0時15分時点)を見ると、前日午前に安値をつけてからは反発し、おおむね上昇バンドウォーク状態になっていることがわかります。
2024.07.18
本日東京時間前半のドル円は、155.36円の安値をつけてから反発し、正午過ぎの時点で156円台を回復しています。 ドル円の1時間足チャート(7月18日 午後0時25分時点)を見ると、ボリンジャーバンドの-2σ付近で底を打ち、ミドルラインを超えて上昇していることが分かります。
2024.07.17
ドル円の1時間足チャート(7月17日 午後0時00分時点)を見ると、先週に大きく下げたあとの小康状態を保っているように見えます。ボリンジャーバンドの幅、ミドルラインの傾きを見ても、あまりトレンドの勢いは感じられません。
2024.07.16
ドル円は本日午前1時台に安値をつけてから反発しており、東京市場でもその上昇傾向が続いています。 1時間足チャート(7月16日 午後2時00分時点)では、ボリンジャーバンドのバンド幅が拡大し、+2σ付近で価格が推移しています。ボラティリティが拡大傾向にあり、上昇に勢いがあると判断される状態です。
2024.07.15
先週金曜日のドル円は、木曜日に発生した消費者物価指数(CPI)による暴落の余波で、ボラティリティが高く不安定な挙動を繰り返しました。午前8時台、午後9時台に急激な上下動が発生しています。
2024.07.12
本日のドル円は、午前8時台に157円台から159円台を行き来する乱高下が発生しています。前日の夜の暴落でボラティリティが高まっているため、これ以降も突発的な値動きの発生に注意が必要です。
2024.07.11
本日のドル円は161円台中盤の狭いレンジで推移しています。今夜の米国消費者物価指数(CPI)まで、大きな動きはないかもしれません。 ドル円の1時間足チャート(7月11日 午後1時50分時点)を見ると、勢いは感じられないものの、じっくり上昇するフェーズに移行しています。
2024.07.10
本日はゴトー日ということもあり、午前中からドル円は上昇しました。仲値が決まる9時55分を過ぎてしばらくは上昇の勢いは衰えず、午前11時前に161.59円の高値をつけました。 ドル円の1時間足チャート(7月10日 午後0時50分時点)を見ると、これまで何度も取り上げてきた161.28円の水平線が、今度はサポート転換したことが読み取れます。
2024.07.09
本日のドル円は東京市場の前場から買いが優勢で161円台を回復後、午前11時過ぎには161.13円の高値をつけています。 ドル円の1時間足チャート(7月9日 午後1時30分時点)を見ると、ボリンジャーバンドの+2σ付近で上昇が失速しています。
2024.07.08
本日のドル円は午前中から下落傾向で、午前11時30分過ぎには160.26円の安値をつけるも、そこから反発しています。 ドル円の1時間足チャート(7月8日 13時15分時点)を見ると、大きく上下動しながら下目線のように見えます。雇用統計発表から続く上昇は、レジスタンスで反落しました。
2024.07.05
本日のドル円は、午前9時前に161.39円の高値をつけてからは急落し、午後0時台には160.52円の安値をつけています。 ドル円の1時間足チャート(7月5日 午後1時50分時点)を見ると、これまでサポートラインとして機能してきた161.28円が、今度はレジスタンス転換していることが分かります。
2024.07.04
本日のドル円は午前中から売り優勢で、午前10時過ぎには161.13円の安値をつけています。 ドル円の1時間足チャート(7月4日 午後2時15分時点)を見ると、依然として161.28円の水準がサポート転換して下落を押しとどめていることが確認できます。
2024.07.03
161.40円で寄り付いた本日のドル円は上昇傾向で、午後0時30分過ぎには161.65円の高値をつけています。 ドル円の1時間足チャート(7月3日 午後1時10分時点)を見ると、かつての高値だった161.28円がサポート転換していることが確認できます。
2024.07.02
本日のドル円は午前中から上昇の勢いを保っており、午後2時前に161.74円の高値をつけています。 ドル円の1時間足チャート(7月2日 午後3時15分時点)を見ると、前日の一時的な急落から反発し、上昇トレンドが継続しています。
2024.07.01
本日の東京時間ドル円は上昇トレンドで、午前10時前には161.18円の高値をつけています。 ドル円の1時間足チャート(7月1日 午後2時25分時点)を見ると、160円台前半の安値がサポートになって値動きが反転し、再び高値をうかがう動きになっていることが分かります。
2024.06.28
本日のドル円は、午前10時前から大きく上げ161.28円まで上昇し、年初来高値を更新しています。 ドル円の1時間足チャート(6月28日 午後2時10分時点)を見ると、ダブルボトム形成後、ネックラインを抜けて続伸しています。また、ネックライン付近で押し目買いのチャンスがあったことも確認できます。
2024.06.27
本日のドル円は、高値を更新した前日の反動で下落しています。午後1時過ぎの時点で、160円台前半を推移しており、下げ止まりの水準はまだ見えてきていません。 ドル円の1時間足チャート(6月27日 午後1時10分時点)を見ると、昨夜につけた高値からの反落局面で、ボリンジャーバンドの+1σを割り込んでいることが見て取れます。
2024.06.26
本日の東京時間前半のドル円は上昇傾向で、午前10時30分ごろに159.90円の高値をつけています。 ドル円の1時間足チャート(6月26日 午後0時55分時点)を見ると、もみ合いつつもやや上向きになっていることが読み取れます。

表示:

全件数: 388 1/20