海外FXの禁止事項とは?規約違反へのペナルティや通常許可される取引を解説

海外FXの禁止事項とは?規約違反へのペナルティや通常許可される取引を解説

この記事は:

に公開されています

に更新されています

海外FX業者は、利用規約の中でさまざまな違反行為を定めています。違反行為に該当すると見なされた場合、出金拒否や口座凍結などのペナルティを科されることがあるため、禁止事項はしっかり把握する必要があります。

しかし、一部の禁止事項を明示していないFX業者もあり、トレーダーには何が許可されていて何が禁止されているのかが分かりづらい場合もあります。そこでこの記事では、一般的に禁止されることが多い行為や、禁止されることが少ない行為を紹介します。

多くの海外FX業者が禁止事項とする取引

まずは、多くの海外FX業者が禁止している取引を確認しましょう。

同一業者の複数口座間での両建て

一般的に海外FXでは、同一業者における複数口座間での両建て取引は、禁止されています。複数口座間での両建てとは、一つの口座で特定の通貨ペアを買い、他の口座で同じ通貨ペアを売るといった取引のことです。

複数口座での両建てが禁止されることが多いのは、ゼロカットシステムやボーナスの悪用を防ぐためだといわれています。

knowledge
ゼロカットシステムとは?

ゼロカットシステムとは、取引口座の残高がマイナスになったときに、残高を0にリセットしてもらえる仕組みのことです。海外FX業者がマイナス分を負担することで実現しています。

下の図のように、口座Aでドル円を買い、口座Bでドル円を売るポジションを持ったとします。もしロスカットが執行できないほどの急激な価格上昇が起こった場合、口座Aは大きな利益を得る一方で、口座Bでは大きな損失になりますが、口座の残高を超えるマイナスは発生しません。

複数口座による両建て取引

このような取引では、トレーダーが利益を伸ばせる可能性がある一方、業者はトレーダーの口座残高を超えたマイナス分を負担するリスクを背負うことになります。これにより、業者に一方的な不利益が生じるため、複数口座での両建ては、多くの業者で禁止されています。

海外FXにおけるゼロカットシステムとは?強制ロスカットとの関係も解説

複数業者間での両建て

海外FXでは、基本的に複数業者間での両建ても禁止されています。口座間両建てと同様にゼロカットシステムの悪用を防ぎ、市場の公平性を保つためにも重要な措置です。

複数業者による両建て取引

例えば、業者Aでドル円を買い、業者Bでドル円を売ったとします。価格が急落してロスカットが間に合わなかった場合、業者Aでの損失が口座残高までに収まる一方で、業者Bでは業者Aの損失以上の利益を得られる可能性があります。

複数業者間での両建てにより、トレーダーは負担する損失額を限定できるにもかかわらず、どちらかの業者はトレーダーの損失を補填する必要性が生じます。このような取引は公平性に欠けるため禁止されています。

notice
相関性の高い通貨ペアも禁止

同一の通貨ペアだけではなく、相関性の高い通貨ペア間で、ボーナスを悪用した両建て取引も禁止行為に該当する場合があります。例えば、豪ドル円(AUDJPY)とニュージーランドドル円(NZDJPY)は、値動きに相関性があることで知られています。このような通貨ペア同士で口座間・業者間での両建て取引は避けましょう。

仲間内で行う両建て

一般的に海外FXでは、仲間と協力して行う両建ても禁止されています。これは仲間が保有する口座を利用した両建てを指し、友人や家族であっても許可されていないため注意が必要です。

複数人による両建て取引

例えば、同じ場所で友人たちと別々のパソコンを使用し、同じドル円のチャートを見ながら、同じロット数で反対のポジションを同時に持つような取引が、仲間内での両建てに該当します。価格が急激に変化する時間帯を狙えば、ゼロカットシステムにより一人は損失が限定される一方で、仲間の利益の伸びを期待できます。

また、ボーナスを悪用した両建て取引にも制限があります。例えば、ゼロカットシステムの下で新規口座開設ボーナスをトレードの資金として利用すると、トレーダーはリスクを負うことなく取引を行えるからです。これらのサービスを悪用した場合、両建てによる利益が得られやすくなるため、業者から厳しいペナルティを受けることがあります。

海外FXのボーナスでの両建てはばれる?ボーナスアービトラージは禁止

経済指標発表のみを狙った取引

海外FX業者によっては、経済指標発表のタイミングで、集中して取引することを禁止している場合があります。これは、経済指標発表により売買が活発になることで、価格が大きく変動しやすいことが関係しています。

特にハイレバレッジを利用すると、大きな利益を短時間で得られる可能性がある一方、予測が外れると大きな損失を招くリスクがあります。

指標トレードを禁止にすることで、海外FX業者は自社が提供する取引環境の安定化を図れます。また、トレーダーの資産を保護する目的も同時に果たしています。

point
レバレッジなどの取引条件は?

多くの海外FX業者は経済指標の発表前後の取引条件について、レバレッジやロット数、取引回数に特定の上限を設定していません。トレーダーの取引履歴を確認し、独自の禁止基準に達しているかどうかによってペナルティを科すかどうかを決めているようです。

窓開けと窓埋めのみを狙った取引

多くの海外FXでは、価格が急激に乖離して生じる窓のみを利用した取引が禁止されています。FX市場では週明けに窓が生じやすく、「窓開け」と「窓埋め」の両方を狙うことができます。

FXの窓開け

窓開けを使用したゼロカットシステムの悪用方法として、週末にポジションを仕込む方法が知られています。ゼロカットシステムで損失を限定しつつ、予想が当たれば一気に大きな利益が得られます。

また、窓埋めとは、休日明けにできた窓を、埋めるようにレートが動くことです。この窓を埋めに行く値動きに合わせてポジションを取るのが窓埋めの手法となります。

これらは、広く知られている取引方法ですが、窓を利用した取引でゼロカットとボーナスが悪用されやすいことから、多くの業者が窓開けと窓埋めのみを狙った取引を禁止しています。

通常の取引以外で禁止事項に該当する行為

海外FXでは、専門知識を持つ人だけが利用できる特殊な環境を使用した取引や、業者が提供するシステムの悪用を伴う以下のような取引が一般的に禁止されています。

サーバーに負荷をかける高速取引

海外FX業者は、サーバーに過度な負荷をかける高速取引を禁止しています。サーバーが正常に動作しなくなり、他のユーザーの注文処理に支障をきたすなどのリスクがあるためです。

高速取引には、1秒間に1,000回以上の取引を行う高頻度取引(HFT)や、そのようなロジックを採用したEA(自動売買)が含まれます。ただし、取引回数に関する具体的な禁止基準を明示している業者は少ないようです。そのため、高速取引を行うEAを運用する前に、業者のカスタマーサポートへ確認することをおすすめします。

自動売買を行う海外FX業者の選び方!EAの期待利得がポイント

接続遅延・レートエラーを狙った取引

海外FXでは、接続遅延やレートエラーを狙った取引が一般的に禁止されています。

例えば、業者のサーバーからの価格情報が遅れて反映されるタイミングを狙って、注文を出すことが挙げられます。市場が急激に動いているときは、サーバーの処理が遅くなりやすく、業者ごとに異なるレートが表示されることがあります。このような状況を狙って取引するのは、不正行為に該当します。

レートエラー

また、経済指標発表などのイベント時は大量の注文が入り、業者のサーバーに過大な負荷がかかることで接続遅延やレートエラーが発生しやすくなります。海外FX業者では、このようなシステム上の弱点を突いた取引は禁止行為とされています。

ボーナスやポイントの不正取得

海外FXでは、口座開設後に一定の取引条件を満たすことで、証拠金として使えるボーナスを受け取れることがあります。ただし、このボーナスは1人あたり1つの口座開設(1アカウント)に限定されています。そのため、虚偽の情報を用いて複数の口座を開設し、不正にボーナスを受け取る行為は禁止されています。

また、海外FX業者の中にはポイントシステムを導入している業者があります。これは、取引するたびにポイントが貯まり、貯まったポイントは現金やボーナスなどへ交換できるというものです。このようなFX業者で、両建てによってポイントだけを獲得する行為は、通常禁止されています。

他人の口座を利用した取引

海外FXでは他人の口座を利用した取引が禁止されています。トレーダーが自分以外の名義の口座から取引を行うケースが該当します。他人の口座の利用が禁止されている理由は、資金洗浄や詐欺などの不正行為を防ぐためです。

また、 トレーダーの家族や友人がトレーダーの口座を使用することも禁止です。つまり、口座名義人以外の第三者が取引口座を使用することは、一切禁止されています。

notice
同じWi-Fiを利用しない

海外FXでは、1人1アカウントの保有が原則です。異なるアカウントを持つ家族や友人と、同じWi-Fiを使用すると、同じグローバルIPアドレスが割り当てられ、1人が複数のアカウントを保有していると誤解される恐れがあります。不正行為と認識されるとペナルティを課される場合があるため注意しましょう。

自己アフィリエイトを目的にした取引

海外FXでは、基本的に自己アフィリエイトを目的とした取引が禁止されています。これは、FX業者が発行した紹介用リンクを利用してトレーダー自身が口座を開設した後、取引を通じて報酬を得るケースなどが該当します。

自己アフィリエイトが発覚した場合、一般的にはアフィリエイト報酬の没収や専用アカウントの利用停止などのペナルティが科されます。

海外FXで許可されていることが多い取引

禁止事項を公表していない海外FX業者もあるため、どのような取引が許可されており、何が禁止されているのか判断に迷うこともあるでしょう。ここでは、一見禁止されていると思われがちな取引の中でも、多くの業者で許可されている4つの取引を紹介します。

notice
全業者が許可しているとは限らない

多くの海外FX業者で許可されている取引でも、一部の業者では禁止されていることがあります。取引が禁止事項に該当するか不明な場合は、必ず利用規約を確認し、公表されていない場合はカスタマーサポートへ問い合わせて下さい。

スキャルピング

国内FXではスキャルピングを禁止する業者が多いので、海外FXでも同様の規制があると考えるトレーダーも少なくありません。しかし、実際には多くの海外FX業者がスキャルピングを許可しています。

ただし、利用規約に目を通して、例外的にスキャルピングが禁止になるケースがないかしっかり確認しておくことが重要です。また、高頻度取引(HFT)は多くの業者で禁止されているので注意が必要です。

EAによる自動売買

多くの海外FX業者はEA(エキスパートアドバイザー)による自動売買を禁止していません。実際に、EAの24時間稼働に欠かせないVPS(仮想専用サーバー)の提供や、自動売買の戦略をサポートするサービスを提供する業者もあります。

ただし、高速取引のロジックを採用したEAについては、事前にカスタマーサポートに運用の可否を確認するようにしましょう。

notice
EAによる意図しない両建てに注意

同一業者の複数口座や他業者の口座でEAを運用する際は、EAや自身の裁量トレードで保有したポジションが両建にならないように注意して下さい。意図しない両建てであっても、禁止事項に該当する場合、ペナルティを課されるリスクがあります。

同一口座での両建て

多くの海外FX業者では、同一口座での両建ては許可しています。禁止されている両建ては、同一業者の複数口座間、または他業者間での両建てです。

同一口座での両建て取引

適切に実行された両建ては、ポートフォリオの保護に役立つこともあります。市場の不確実性が増し、ボラティリティが高くなる相場において、潜在的な損失を軽減する手段として、同一口座での両建て取引を活用できることもあるでしょう。

notice
公平性を欠いた両建ては禁止

多くの海外FX業者は、たとえ同一口座であっても、トレーダーがゼロカットやボーナスを悪用して自身にのみ有利になる条件での両建てを禁止しています。この措置は、業者のみの負担が大きくなるという不公平な状態を防ぐなどの理由によります。

大きなロット数での取引

多くの海外FX業者では、大きなロット数での取引に特別な承認を必要としません。ただし、一部の業者は事前承認なしの大きな金額の取引に制限を設けており、規約違反と判断された場合は利益の没収などのペナルティが課されることがあります。

不安がある場合は、通常と異なる大きなロット数で取引する前に、カスタマーサポートに事前に確認することをおすすめします。

海外FXのロットとは? ロット計算と適正なロット数について解説

口座開設ボーナスのみを使用した取引

海外FX業者で新規に口座開設をした際に、特典として口座開設ボーナスを受け取れることがあります。多くの場合、このボーナスはトレードの証拠金として使用できます。トレーダーはボーナスを活用することで、自己資金を使用せずノーリスクで取引が可能です。

ボーナスを利用する際は、禁止されている両建て取引など、公平性を欠いた取引に使用するのはやめましょう。

海外FXで禁止事項に該当した場合のペナルティ

海外FXで禁止されている行為に違反した場合、トレーダーにはさまざまなペナルティが課される可能性があります。違反の程度や種類によって異なりますが、一般的には以下のような措置が取られています。

レバレッジが制限される

レバレッジの制限は、トレーダーが特定の場面でのみハイレバレッジを使用するような限定的なハイレバトレードをした場合に適用されるようです。レバレッジ制限には、トレーダーが過度なリスクを取ることを抑え、FX業者の利益とトレーダーの資産を保護する目的があります。

また、このようなハイレバトレードを抑えることで、市場の安定性が保たれることにもつながります。他のトレーダーに対して公平な取引環境を維持するために必要な措置といえるでしょう。

取引利益を出金拒否される

海外FX業者は、不正な取引や利用規約違反の取引を行ったトレーダーが利益を得た場合、その利益の出金を拒否することがあります。

この措置は、トレーダーの不正行為を防ぎ、全てのトレーダーに対して公平な取引条件を保持するために必要です。出金拒否の対象にならないように、トレーダーはFX業者の利用規約を厳守しなければなりません。

海外FXでの出金拒否は本当?直近数年の事例や被害に遭った際の対処法を解説

ボーナスやポイントが没収される

海外FX業者において禁止事項に該当する行為が確認されると、トレーダーが受け取ったボーナスやポイントが没収されることがあります。

一般的にボーナスは口座開設時や入金時に付与されます。クッション機能付きのものであれば、実際の取引で証拠金として使用できます。また、ポイントは取引量に応じて付与され、ボーナスや現金などに交換可能です。

たった一度の違反行為により、長期にわたって獲得したボーナスやポイントが全て失われる可能性もあるので、海外FX業者を利用する際は利用規約を熟読しておきましょう。

knowledge
クッション機能とは?

クッション機能とは、ボーナスを証拠金として利用できる機能です。一般的にクッション機能付きのボーナスは、クレジットとして口座に付与されるため出金はできませんが、自己資金と同じように取引に利用できます。

口座凍結やアカウント停止になる

重大な規約違反が発覚した場合、海外FX業者はトレーダーの口座を凍結したり、アカウントを停止したりすることがあります。これにより、トレーダーは一時的または永続的に取引を行うことができなくなります。

違反行為をした自覚がない場合にペナルティを受けた際は、カスタマーサポートに問い合わせて下さい。ペナルティを受けた理由が確認でき、業者側で該当行為が悪質でないと判断された場合、利用が再開できるかもしれません。

第三の利害関係者に通知される

海外FX業者は、禁止事項に違反したトレーダーについて、状況によっては第三の利害関係者に通知することがあります。第三者には他の海外FX業者や銀行、クレジットカード会社などが含まれます。

このような対応は、海外FXの安全性と透明性を保つために重要です。業者が違反行為に対して厳しい対応を取ることは、単に自身が健全な経営を行っていることを示す以上の意味を持ちます。トレーダーの自主規制を促し、海外FX市場全体の信頼性を向上させることが期待されます。

海外FX業者が一方的に不利になる取引をしない

海外FXの禁止事項は、業者が一方的に不利になるのを予防したり、他のユーザーとの公正性を保つために定められたルールです。

海外FX業者が禁止事項を設定している主な理由は、ゼロカット・ボーナスの悪用を予防するためといわれています。海外FXにおける禁止事項の多くは、自身の利益のみを追求する一部のトレーダーに対処するためのルールといえるでしょう。

海外FXの禁止事項に抵触すると、業者から出金拒否や口座凍結、アカウント停止などのペナルティを受けることがあります。利用規約を守り、分からないことはカスタマーサポートへ問い合わせて、意図せず、規約違反にならないように注意しながら取引を行っていきましょう。

この記事はお役に立ちましたか?

thumb_down いいえ
thumb_down はい

1人1人がこの記事が役に立ったと言っています

貴重な意見をいただきありがとうございます。

送信

関連する記事

海外FXで使えるデビットカードは?入出金の仕組みやメリットも紹介

に公開

に更新

good
海外FXと仮想通貨の損益は通算可能!税金で損しないために知っておきたい「雑所得」とは?

に公開

に更新

good
海外FXのピラミッディング|手法・失敗しないコツ・ナンピンとの違いとは?

に公開

に更新

good
海外FXでおすすめの銀行送金3選! 対応していない銀行や送金時の注意点

に公開

に更新

good
海外FXは本当に儲かる?稼いでいくシミュレーションや上達のための勉強方法を紹介

に公開

に更新

good