海外FXでプリペイドカードを使うメリットは?利用できるカードの特徴も解説

海外FXでプリペイドカードを使うメリットは?利用できるカードの特徴も解説

この記事は:

に公開されています

に更新されています

次のような場合、プリペイドカードでの入金は便利な手段となる可能性があります。

  • 審査に通らずクレジットカードが作れない
  • FXにお金を使いすぎるのを防ぎたい
  • 不正利用のリスクを抑えたい

前払い式であるプリペイドカードは、後払い式のクレジットカードとは違い、審査なしで作成できることがほとんどです。またチャージする金額を抑えることで、使いすぎや不正利用によるリスクを限定することもできます。

ただし、海外FXで使えるカードが少ないなどの難点があります。そこでこの記事では、プリペイドカードによる入金のメリットや注意点、海外FXで使える可能性が高いカードについて紹介します。

プリペイドカードとは?

まずはプリペイドカードの基本を説明します。

プリペイドカードとは、あらかじめ資金をチャージ(入金)しておくと、その金額の範囲内で決済ができるカードです。

プリペイドカードで支払いをすると、チャージした残高から支払い額が差し引きされます。海外FX業者への入金に使った場合も、チャージした残高から入金額が引かれます。

プリペイドカードで海外FX業者に入金したとき

デビットカードやクレジットカードとの違いは?

プリペイドカードとデビットカード、クレジットカードの大きな違いは、その支払い方法にあります。

プリペイドカードは前払い式のカードで、あらかじめチャージしておいた分だけ利用できます。これに対してデビットカードは、即時払いで決済できるカードです。支払いやFX業者への入金をすると、紐づいている銀行口座から資金が自動で引き出される仕組みです。

デビットカードでFX業者への入金をした様子は、以下のように表せます。

デビットカード決済で海外FX業者に入金したときいのイメージ

他方、クレジットカードは後払い式の決済ができるカードです。ユーザーがクレジットカード決済をすると、カード会社がその代金を立て替えて店舗やFX業者などに支払います。その後、ユーザーはカード会社からの請求を受け、立て替えてもらった分を支払うという流れとなっています。

クレジットカードでFX業者への入金をした様子は、以下の通りです。

クレジットカード決済で海外FX業者に入金したときの流れ

また、クレジットカードとプリペイドカードを比較したとき、発行のための審査の有無も違いです。クレジットカードは後払い式のため、カード発行の申込み時には、金銭の借入についての状況に問題がないかを審査されます。

一方で、プリペイドカードは前払い式なので、発行するために上のような信用情報の審査は不要です。本記事で紹介する「バンドルカードリアル+」のように、発行するのに本人確認が必要なカードもありますが、クレジットカードの審査ほど厳密なものではないと考えられます。

プリペイドカードは審査なしで作成でき、海外FX業者への即座での入金を可能にします。プリペイドカードの利用は、クレジットカードの審査に通るかが心配な個人事業主の方などに適している可能性があります。

knowledge
資金を前借りできるサービスも

一部のプリペイドカードでは、一時的に資金を借りられるサービス、すなわち、後払い式のサービスが使えることがあります。ただし、このサービスを使うには審査が必要になったり、手数料や利息がかかったりします。

プリペイドカードの種別

プリペイドカードにはさまざまな種別があります。プリペイドカードについての理解を深めるための知識として、以下の3つの点から説明します。

使い切り方か、チャージ型か

プリペイドカードは、カードに設定された金額を使い切ると使えなくなる「使い切り型」と、カードに好きな金額を繰り返しチャージして使える「チャージ型」に分類できます。

これらの特徴は以下の通りです。

icon_tryangle_black
使い切り型とチャージ型の比較
項目 使い切り型 チャージ型
カードの例
図書カード
QUOカード
Suica
nanako
Vプリカ
バンドルカード
dカードプリペイド
使える店舗
限られた加盟店
広範囲の加盟店
使える金額
購入した金額分
チャージした金額分
チャージ方法
不可*1
現金
クレジットカード
ATMなど
項目 使い切り型 チャージ型
カードの例
図書カード
QUOカード
Suica
nanako
Vプリカ
バンドルカード
dカードプリペイド
使える店舗
限られた加盟店
広範囲の加盟店
使える金額
購入した金額分
チャージした金額分
チャージ方法
不可*1
現金
クレジットカード
ATMなど

*1 購入するとあらかじめチャージされた残高を利用できるようになります。実店舗やネットショップで販売されています。

このうち、海外FXへの入金に利用できるのは、基本的にチャージ型のカードです。

ただし、チャージ型であれば全て利用できるというわけではありません。以下のような点を満たさない場合、海外FXでの入金に利用できない可能性が高くなります。

  • 国際カードブランドがついている
  • 本人名義で発行されている
  • 利用規約でFXでの利用が禁止されていない

リアルカードか、バーチャルカードか

プリペイドカードの分類は、プラスチックカード(物理カード)として発行されるかという点でも行えます。物理カードとして発行されるものは「リアルカード」、物体として発行されないものは「バーチャルカード」と呼ばれます。

リアルカードとバーチャルカードの両方を発行できる、Kyash Visaカードとバンドルカードのスペック情報を基にして、リアルカードとバーチャルカードを比較してみましょう。

icon_tryangle_black
リアルカードの大まかな特徴
項目 内容
使える店舗
実店舗
ネットショップ
チャージ上限
1回あたり:5万~30万円
決済上限
1回あたり:3万~30万円
1ヶ月あたり:12万~100万円
発行手数料
300~900円
年会費
無料
入会費
無料
項目 内容
使える店舗
実店舗
ネットショップ
チャージ上限
1回あたり:5万~30万円
決済上限
1回あたり:3万~30万円
1ヶ月あたり:12万~100万円
発行手数料
300~900円
年会費
無料
入会費
無料
icon_tryangle_black
バーチャルカードの大まかな特徴
項目 内容
使える店舗
ネットショップ
チャージ上限
1回あたり:3万~10万円
決済上限
1回あたり:3万~10万円
1ヶ月あたり:5万~15万円
発行手数料
無料
年会費
無料
入会費
無料
項目 内容
使える店舗
ネットショップ
チャージ上限
1回あたり:3万~10万円
決済上限
1回あたり:3万~10万円
1ヶ月あたり:5万~15万円
発行手数料
無料
年会費
無料
入会費
無料

分かりやすい違いは利用できる場所です。バーチャルカードはネットショップのみで利用可能であり、基本的には実店舗で使えません。一方でリアルカードであれば、ネットショップでも実店舗でも使えます。

またリアルカードでは、チャージできる金額や決済できる金額が大きい傾向にあることも分かります。

海外FXでの入金に使える可能性は、リアルカードとバーチャルカードの両方にあるでしょう。ただし、本記事作成にあたって調べた範囲では、海外FXでの入金に使える可能性があったのは「バンドルカードリアル+」というリアルカードのみでした。

海外FX業者独自のカードもあった

海外FX業者の中には、XMTradingやLand Primeなど、自社のプリペイドカードを発行していたところもありました。以下はLand Primeのプリペイドカードのイメージ画像です。

Land Primeのプリペイドカード Land Primeのプリペイドカード

出典:Land Prime

しかし、2024年1月時点ではそれらのサービスは提供されていません。海外FX業者のプリペイドカードは税金や規制などの面で問題があり、今後も日本で普及していくことは難しいと考えられます。

knowledge
Netellerも日本では利用できない

Neteller(ネッテラー)とは、海外FX業者への入出金に使われていたオンラインウォレットです。かつては海外FXでの入出金で使われることが多かったですが、日本在住のユーザーは利用できなくなっています。

各社のプリペイドカード入金への対応状況

プリペイドカードによる入金への対応状況は、FX業者ごとに異なります。ここでは、主要な海外FX業者11社に問い合わせた結果を記載します(2024年1月12日時点)。

icon_tryangle_black
各社のプリペイドカード入金対応状況
業者名 対応可否
FXGT
Exness
AXIORY
IS6FX
iFOREX
XMTrading ×
ThreeTrader ×
HFM ×
Titan FX ×
Traders Trust ×
BigBoss ×
業者名 対応可否
FXGT
Exness
AXIORY
IS6FX
iFOREX
XMTrading ×
ThreeTrader ×
HFM ×
Titan FX ×
Traders Trust ×
BigBoss ×

プリペイドカード入金に対応している業者は11社中5社で、あまり多くないといえます。

また注意点として、クレジットカード入金に対応している業者でも、プリペイドカード入金には対応していない場合があります。特定のFX業者の状況を調べる際は、クレジットカードの対応状況とは別で調べる必要があります。

利用したいFX業者がプリペイドカード入金に対応していなければ、他の入金方法の利用を検討するしかないでしょう。

海外FXの入出金方法を徹底比較!手数料が安く着金が早い方法は?

海外FXで使える可能性が高いプリペイドカードの条件

FX業者がプリペイドカード入金に対応していても、全てのプリペイドカードで入金ができるわけではありません。利用できるカードはむしろ限定的です。ここでは海外FXで使える可能性が高いカードの条件を紹介します。

国際カードブランドがついている

海外FXへの入金に利用するなら、VISA、Mastercardなどの国際カードブランドがついているかを確認しましょう。国際カードブランドのロゴがないプリペイドカードでは、海外FXに入金できないことがほとんどです。

また、海外FX業者によって対応している国際カードブランドが異なる場合があります。そのため、事前に確認しておく必要があります。

なお、海外FXの入金に対応している可能性が高いカードブランドは、以下の通りです。

  • VISA
  • Mastercard
  • JCB

本人名義で発行されている

基本的に、海外FXへの入金に使うプリペイドカードは、FX業者に登録している名義と同じ名義で発行されている必要があります。つまり、本人名義で発行されないプリペイドカードは利用できない可能性が高いです。

本人名義での発行ができないプリペイドカードの例として、バンドルカードリアルを挙げることができます。バンドルカードリアルでは、支払い時の名義欄が「姓:VANDLE 名:USER」となり、これを本人名義にすることができません。

本人名義での発行ができないカードもあるので、登録する前に条件を確認しておきましょう。

knowledge
マネーロンダリングを防ぐことが目的

本人名義のカードを使わなければいけないのは、マネーロンダリング対策のためです。

カード会社が海外FXでの利用を禁止していない

プリペイドカードの発行会社が、海外FXでの利用を禁じていることがあります。例えば、三井住友VISAプリペイドの利用上の注意点には、FXでの利用を禁止する旨の記載があります。

ご利用できない加盟店について

換金性の高い商品のご購入に関するお支払い

  • 新幹線のチケットや貴金属など、換金性の高い商品のお取引。
  • オンラインカジノなどのお取引。
  • 株式・債権・外貨・仮想通貨の購入、投資信託などの金融商品の決済にかかるお取引。
  • 海外加盟店における外国為替取引(FX)などのお取引。

出典:ご利用上の注意(三井住友VISAプリペイド)

dカードプリペイドの利用上の注意点としても、上記と同じ文言が記載されています。

また、バーチャルカードとして発行できるVプリカの注意点にも、FXでの利用を禁止する旨の記載があります。

ご利用できない加盟店について

キャッシュ(現金)取引や換金性商品の購入のお支払い

FX取引/仮想通貨の購入/オンラインカジノの取引など

出典:ご利用に関するご注意(Vプリカ)

このような記載がある場合、いざ海外FXへ入金してみたら利用ができず、カードを作ってチャージをした分の手間が無駄になる可能性が高いです。プリペイドカードを利用する前に、カード発行会社の利用規約や注意事項をチェックしておきましょう。

海外FXへの入金に使える可能性が高いプリペイドカード

海外FXへの入金に使える可能性が高いカードとしては、バンドルカードリアル+が挙げられます。バンドルカードは、カンム株式会社が発行するVISAブランドのプリペイドカードです。

バンドルカードリアル+のイメージ バンドルカードリアル+のイメージ

出典:バンドルカード

icon_tryangle_black
バンドルカードリアル+の特徴
項目 条件
チャージ上限
1回あたり:10万円
1ヶ月あたり:200万円
有効期限内:上限なし*1
カード残高の上限 100万円
決済上限 記載なし
発行手数料 600円、または700円
年会費 無料
入会費 無料
項目 条件
チャージ上限
1回あたり:10万円
1ヶ月あたり:200万円
有効期限内:上限なし*1
カード残高の上限 100万円
決済上限 記載なし
発行手数料 600円、または700円
年会費 無料
入会費 無料

*1有効期限は5年です。

バンドルカードのリアルカードには、バンドルカードリアルとバンドルカードリアル+の2種類がありますが、海外FXで使える可能性が高いのはリアル+のほうです。

バンドルカードリアル+では発行に本人確認が必要となることもあり、カードの名義人が所有者の氏名と同じになります。そのため、海外FX業者側で入金を受け付けてもらいやすくなります。

一方で、バンドルカードリアルの場合、カードの名義人は所有者の氏名ではなく、「姓:VANDLE 名:USER」となってしまいます。アカウント契約者の名前とカードの名義人が一致しないため、海外FX業者側から入金を拒否される可能性が高くなります。

また、バンドルカードの利用規約やヘルプページには、FXで使えないことを示唆する記載は見あたりませんでした(2024年1月時点)。ただし、実際に利用できるかどうかは状況によって異なるので、少額入金を行い、状況を確かめてみることをおすすめします。

海外FXでプリペイドカードを利用するメリット

プリペイドカードで海外FX業者に入金するメリットは以下の通りです。

不正利用された際の損失を限定できる

プリペイドカード入金のメリットの1つは、不正利用された場合の損失を限定できることです。

プリペイドカードで支払いができる金額は、事前にチャージしておいた分だけです。チャージする金額を抑えておけば、万が一カード情報が漏洩して不正利用されたとしても、被害額は少なくなります。

海外FXに不慣れで入金に不安を感じる人には、プリペイドカード入金をおすすめできます。

使いすぎを防ぎやすい

プリペイドカードではチャージした金額分しか決済できないことから、後払い式のクレジットカードと比較して、使いすぎを防ぎやすくなっています。

後払い式ではないカードとしてはデビットカードを挙げることもでき、デビットカードも使いすぎ防止に役立ちます。しかし、保有しているデビットカードが日常的に使う銀行口座と紐づいており、そのデビットカードをFX業者への入金に利用していると、生活に使う資金をFXに費やしてしまう恐れがあります。

このように考えると、プリペイドカードはFXに使う金額をコントロールしやすいカードだといえるでしょう。トレードに夢中になって、入金しすぎてしまった経験がある人は、試してみると良いかもしれません。

point
それでも使いすぎてしまう場合は?

感情的になって使いすぎてしまう癖がある人は、プリペイドカードのチャージ方法として、インターネットバンキングなどの便利な方法ではなく、コンビニ支払いなどの手間がかかる方法を使うようにすると良いでしょう。コンビニに行くまでの間に冷静さを取り戻せるかもしれません。

入金の反映が早く、手数料が無料

プリペイドカード入金は、基本的にクレジットカード入金と同じ扱いになります。

クレジットカードで入金すると、入金が取引口座にすぐに反映され、入金時の手数料が無料であることがほとんどです。プリペイドカードで入金する場合も同様で、入金が反映されるのが早く、入金時に手数料がかかりません。

海外FXの出金方法のうち早いのはどれ?主要業者を着金までの日数で比較!

カード発行時に審査がない

プリペイドカードの発行時には審査がありません。本人確認があったとしても、クレジットカードの審査ほど厳しいものではないと考えられます。

個人事業主でクレジットカードの審査を通過できないといった場合でも、プリペイドカードであれば問題なく保有できます。

利用上限額が高いこともある

プリペイドカードでは利用者の信用度に関係なく、高額なチャージができることがあります。

例えばバンドルカードリアル+では、月間チャージ上限額が200万円に設定されています。チャージ残高の上限が100万円なので、1度に海外FXに入金できる金額は100万円だと考えられます。この条件であれば、不都合なく利用できるケースは多いでしょう。

一方で、一般的なクレジットカードの利用上限額は、数十万円から数百万円程度です。ゴールドカードでは利用上限額が高くなる傾向にありますが、職業や年収、その人の信用情報(金銭の貸借についての状況など)を基にしてカード会社が決めるので、同じカードであっても人によって違うこともあります。

持っているクレジットカードの上限額が不十分なこともあるでしょう。このような状況では、バンドルカードリアル+のようなカードは便利でしょう。

notice
FX業者ごと入金上限額がある場合も

海外FX業者によっては、プリペイドカードでの入金に上限が設定されていることがあります。例えばAXIORYでは、6ヶ月ごとのプリペイドカードによる入金限度額が口座総額で11万円までに限定されています。海外FX業者ごとの細かなルールについても確認したほうが良いでしょう。

プリペイドカードでの入金に関する注意点

プリペイドカードでの入金には、以下の注意点があります。

利用できないケースも多い

プリペイドカードでの入金が行えない状況は多いです。

まず、プリペイドカード入金に対応している海外FX業者はあまり多くありません。今回行った調査では、プリペイドカードに対応しているFX業者は11社中5社のみでした。

また、海外FX業者への入金に使えるプリペイドカードは少数です。本人名義のカードでないと使えないことが多いですし、カード会社が禁止していることも少なくありません。

さらに実際に入金できるかどうかは、入金手続きをしてみるまで分からないということが大半でしょう。

利益分を出金することはできない

プリペイドカードへの出金は、クレジットカードへの出金と同様に返金処理として扱われます。そのため、プリペイドカードでできる出金は入金した金額分だけです。入金額を超える出金(利益分の出金)は、別の方法で行う必要があります。

基本的には利益分の出金は銀行送金に限られる場合が多くなっているため、出金時に利用する銀行口座をあらかじめ用意しておくと良いでしょう。

出金の反映に時間がかかることがある

プリペイドカードへの出金は返金処理となることもあり、出金の反映に時間がかかることがあります。数日から数週間の期間が必要な場合もあるため注意が必要です。

マイナーな手段だが活用できるケースもある

プリペイドカードを使った海外FX業者への入金は、次のような方におすすめできる可能性があります。

  • クレジットカードや銀行振込での入金に不安を感じる人
  • 自営業などでクレジットカードを作れない人
  • 熱くなって入金しすぎてしまう人

審査に通らずクレジットカードを作れない場合でも、プリペイドカードなら作れます。入金の即時反映などのクレジットカード入金のメリットを享受したい方は、プリペイドカードを利用することを検討してみても良いでしょう。

また、チャージの手間が多いという点はデメリットですが、熱くなって入金を繰り返してしまう方にとってはメリットにもなります。

対応しているFX業者やカードが少ないという点は大きなデメリットです。しかし、プリペイドカードの利点に魅力を感じる場合は利用を検討してみても良いかもしれません。

この記事はお役に立ちましたか?

thumb_down いいえ
thumb_down はい

1人1人がこの記事が役に立ったと言っています

貴重な意見をいただきありがとうございます。

送信

関連する記事

海外FXで使えるデビットカードは?入出金の仕組みやメリットも紹介

に公開

に更新

good
海外FXと仮想通貨の損益は通算可能!税金で損しないために知っておきたい「雑所得」とは?

に公開

に更新

good
海外FXのピラミッディング|手法・失敗しないコツ・ナンピンとの違いとは?

に公開

に更新

good
海外FXでおすすめの銀行送金3選! 対応していない銀行や送金時の注意点

に公開

に更新

good
海外FXは本当に儲かる?稼いでいくシミュレーションや上達のための勉強方法を紹介

に公開

に更新

good