海外FXの最大ロットとは?口座残高に対する最大ロットの計算方法も紹介

海外FXの最大ロットとは?口座残高に対する最大ロットの計算方法も紹介

この記事は:

に公開されています

に更新されています

FXの最大ロットとは、一般的に1度に注文できる最大のロット数のことです。

海外FXでは、業者によって30〜1,000ロットと異なっており、大きな数量でトレードしたい場合は、最大ロットも業者選びの基準となるでしょう。

この記事では最大ロットの意味を解説した後に、主要な海外FX業者の最大ロットを比較します。また、保有している取引資金では何ロットまでの注文ができるかについても紹介します。

海外FXのロットに関する基礎知識

FXのロットとは、取引数量を表す単位です。

海外FXでFX銘柄をトレードする場合、一般的に1ロットあたりの取引数量は10万通貨です。そのため、ドル円を1ロット注文したなら、10万ドル分の注文をしたことになります。ドル円を0.01ロット注文したなら、1,000ドル分の注文をしたことになります。

海外FXのロットのイメージ

海外FXでは1ロットあたり10万通貨が基本ですが、1ロットあたりの大きさは以下のような要素によって変わるので、状況ごとに確認しておくことが大切です。

  • 取引する銘柄
  • 利用する口座タイプ

例えば、ゴールド(XAU)では1ロットあたり100オンス、オイル銘柄では1ロットあたり100バレルとなっていることが一般的です。また、マイクロ口座と呼ばれる口座タイプでは、FX銘柄の1ロットが1,000通貨に設定されています。

なお、国内FXでFX銘柄をトレードする場合、基本的に1ロットあたり1万通貨となっています。国内FXの経験者が海外FXを始めるときは、1ロットの大きさが10倍であることを意識する必要があるでしょう。

海外FXのロットとは? ロット計算と適正なロット数について解説

海外FXの最大ロットとは?

最大ロットとは、1度に注文できる最大のロット数のことです。「1ポジションあたり最大のロット数」と表現されることもあります。

FX業者が独自に設定している値で、FX銘柄の最大ロットが50ロット(500万通貨)の業者もあれば、200ロット(2,000万通貨)の業者もあります。

1注文あたりの最大ロットは、大きな注文をするトレーダーにとっては特に重要です。最大ロットが不十分な業者を使えば、不利になるケースがあるからです。例えば、希望したロット数を1度で注文できず、注文を2回に分ける必要がある場合、有利なタイミングを逃す可能性があります。

口座単位やアカウント単位の上限を意味することも

最大ロットという言葉は先述の通り、1度に注文できるロット数の上限を指していることが大半です。ただし稀に、口座単位の最大ロットやアカウント単位の最大ロットを意味することもあり、この言葉は3通りの意味を持つといえます。

point
最大ロットが持つ3通りの意味

① 1注文あたりの最大ロット

② 口座単位の最大ロット

③ アカウント単位の最大ロット

口座単位の最大ロットとは、1つの取引口座で保有できるポジション量の上限を指します。例えば、口座単位の最大ロットが100ロットであり、すでに90ロット分を保有している場合は、追加で保有できるポジション量が10ロットまでに制限されます。

アカウント単位の最大ロットとは、アカウント全体で保有できるポジション量の上限を指します。ほとんどの海外FX業者では、1つのアカウントで複数の取引口座を持つことができますが、1つの口座でアカウント単位の最大ロット分のポジションを保有すると、他の口座で新たな注文を出せなくなります。

最大ポジション数との違いは?

海外FXでは、最大ポジション数という条件が設定されていることがあります。最大ロットと似ている言葉ですが、異なる意味を持っています。

最大ポジション数とは、1つの口座やアカウント内で保有できるポジション数の上限を意味します。

例えば最大ポジション数が10なら、ポジションを10個まで保有できるという意味になります。1つのポジションならば1個とカウントする点がポイントで、0.01ロットであろうと10ロットであろうと、1つのポジションならば1個です。

FXの最大ポジション数

1注文あたりの最大ロットと最大ポジション数は、異なる尺度で取引量を規制しています。両方ともを採用している海外FX業者がほとんどなので、大きな数量の取引をする場合は両方の値を確認しておく必要があるでしょう。

knowledge
実際に注文可能なロット数も知ろう

注文可能なロット数の上限は、口座残高によっても変わります。海外FXでは最大ロットが数十〜数百ロットなどに設定されていますが、最大ロット分を注文するには多額の証拠金が必要になります。そのため、最大ロット分をそのまま注文できないケースは多いはずです。

海外FX業者を最大ロットと最大ポジション数で比較

主要な10業者を最大ロットと最大ポジション数で比較します。なお、ここでは最大ロットという言葉を1度に注文できるロットの上限という意味で使います。また最大ポジション数は、1つの口座で保有できるロット数の上限という意味で用います。

icon_tryangle_black
最大ロット数と最大ポジション数*1
海外FX業者 最大ロット数 最大ポジション数
A社 1,000 制限なし
B社 1,000 350
c社 200 制限なし
D社 100 200
E社 100 200
F社 80 200
G社 60 500
H社 50 200*2
I社 50 制限なし
J社 30 30
海外FX業者 最大ロット数 最大ポジション数
A社 1,000 制限なし
B社 1,000 350
C社 200 制限なし
D社 100 200
E社 1,000 200
F社 80 200
G社 60 500
H社 50 200*2
I社 50 制限なし
J社 30 30

*1スタンダード口座の最大ロット、最大ポジション数を記載しています。スタンダード口座は標準的な取引条件の口座タイプです。

*2H社の最大ポジション数のみ、1アカウントあたりの最大ポジション数です。

最大ロットが大きい業者ほど最大ポジション数が多い傾向にあることが分かります。また、中には最大ポジション数に制限を設けていない業者があることも分かります。

大きなロットで取引をするなら、このような条件も踏まえて利用する業者を選ぶことになるでしょう。

notice
最大取引量以外の条件も重要

大きな数量でトレードするにあたり、最大ロットや最大ポジション数以外にも重要になる条件があります。例えば、最大ロットが大きくても、希望に近い価格と数量で約定しなければ不利になるので、約定力の高さは大切でしょう。

口座残高に対する最大ロットの計算方法

業者が定める最大ロット分をそのまま注文できないことがあります。実際のトレードでは、取引口座内の資金量によって注文できるロット数が制限されるためです。

そのため、大きなロットでトレードするなら、口座残高に対する最大ロットを計算しておく必要もあります。資金量に対する最大ロットを考える上では、以下の計算式が重要になります。

icon_tryangle_black
必要証拠金の計算方法
必要証拠金 = 取引数量 ÷ レバレッジ

上の計算式にある「取引数量」は、1ロットあたりの通貨量にロット数をかけたものと同じです。そのため、この計算式は次のように置き換えられます。

icon_tryangle_black
必要証拠金の計算方法
必要証拠金 = 1ロットあたりの通貨量 × ロット数 ÷ レバレッジ

必要証拠金とは、注文を出すために最低限必要な証拠金の量を指します。上の計算式の「必要証拠金」に保有する資金量を当てはめれば、保有する資金量でぎりぎり注文できるロット数が分かるというわけです。

例として以下の状況を想定して、資金に対する最大のロット数を計算してみましょう。

  • 口座残高:5万円
  • 通貨ペア:ドル円
  • 1ロットあたりの通貨量:10万通貨
  • レバレッジ:400倍

上記の条件を計算式に当てはめると、以下の通りになります。

icon_tryangle_black
必要証拠金の計算方法
50,000円 = 100,000ドル × ロット数 ÷ 400倍

上記の式では、日本円とドルの2つが使われており、通貨の単位がバラバラです。通貨の単位が不揃いのままでは計算しづらいので、ここでは日本円に統一します。1ドルが140円とすると、以下のようになります。

icon_tryangle_black
必要証拠金の計算方法
50,000円 = 14,000,000円 × ロット数 ÷ 400倍

続いて、数値部分に着目して整理します。すると、「50,000 = 35,000 × ロット数」となります。さらに、計算式の左側に「ロット数」が来るように変形すると、以下のようになります。

icon_tryangle_black
資金に対する最大ロットを求める式
ロット数 = 50,000 ÷ 35,000 ≒ 1.42

資金に対する最大ロットは、1.42であると分かります。

最大ロットで注文するために必要な証拠金も計算可能

必要証拠金の計算式を使うと、FX業者が定める最大ロットを保有するために、最低限いくらの証拠金を用意する必要があるかも分かります。

例として、以下の状況があったとして計算してみましょう。

  • 業者が設定する最大ロット:200
  • 通貨ペア:ドル円
  • 1ロットあたりの通貨量:10万通貨
  • レバレッジ:400倍

上記を必要証拠金の計算式に当てはめると、次の通りになります。

icon_tryangle_black
必要証拠金の計算方法
必要証拠金 = 100,000ドル × 200ロット ÷ 400倍

数値部分に着目して整理すると、「必要証拠金 = 50,000ドル」となります。1ドルが140円なら5万ドルは700万円で、700万円以上を用意できれば最大ロットで注文できると分かります。

最大ロットを保有するための必要証拠金を計算できるようにしておくと、ロット数を増やしていく際に、ロスカット水準を考慮して追加入金するべき金額を予測しやすくなるでしょう。

notice
資金に見合わない数量の取引は危険

資金に見合わないほどの大きなロットで取引すると、1回の負けで資金の大半を失い、トレードを継続できなくなる可能性があります。そのようなことから、許容損失額を1〜3%として、それに基づいてロット数を決めることが推奨されています。

海外FXでロットを大きくするときの注意点

海外FXでロットを大きくしていく際に注意したいことを紹介します。

条件を満たすとレバレッジに制限がかかる

海外FX業者はトレーダーに過度なリスクを負わせないために、レバレッジ制限を設けています。

レバレッジ制限とは、条件を満たすと最大レバレッジが引き下げられる仕組みです。レバレッジ制限が発動する条件には、以下のようなものがあります。

  • 有効証拠金額が一定以上である
  • 取引ロット数が一定以上である
  • 経済指標発表前後である
knowledge
有効証拠金とは?

有効証拠金とは、証拠金残高に含み益と含み損を反映させた金額のことです。

利用するレバレッジが低くなると、トレードをするために最低限用意すべき資金(必要証拠金)が増えます。最低限用意すべき資金が増えれば、トレードを続けることの負担も増え、ロスカットのリスクが高まります。

そのため、利用する業者がどのようなレバレッジ制限を設けているかを把握しておき、十分な証拠金を入金しておいたほうが安全です。また、レバレッジ制限が既存のポジションにも適用されるかどうかは、業者によって異なる場合があるので、この点も確認しておきましょう。

海外FXのレバレッジ制限とは?制限の理由とタイミングを解説

時間帯によって最大ロットが変わることがある

海外FX業者の中には、時間帯によって最大ロットを変えているところもあります。例えば、とある業者は、以下のように最大ロットを設定しています。

  • 午後4時~翌午前5時59分:200ロット
  • 午前6時~午後3時59分:20ロット

上記の設定によって、東京市場が開いている時間帯でも最大ロットが10分の1にまで制限されています。このような極端な制限をかける業者があることに注意して下さい。

取引の前に連絡が必要なことがある

一部の海外FX業者では、10ロット以上といった大きな数量で取引をする場合、事前に連絡をして許可を得ければいけません。

許可を得ないまま注文をすると、ペナルティの対象になるかもしれません。そのため、ルールを理解しておき、必要に応じて適切に連絡をする必要があるでしょう。

大口取引に適した海外FX業者の選び方

将来的に数百万通貨という大きな数量でトレードすることを見越して、大口取引に適した海外FX業者の選び方を確認しておきましょう。

knowledge
大口取引とは?

日本の証券会社の間では、1銘柄あたり5,000万円以上の売買金額は大口取引と呼ばれています。

最大ロットが十分に大きい

大きなロットでトレードしたい場合は、1注文あたりの最大ロットが十分なFX業者を選びましょう。注文したいロット数よりも最大ロットが小さい場合、ユーザーは注文を分割する必要があり、それによって不利になる恐れがあります。

例えば50ロットでトレードしたい人が、最大ロットが30ロットのFX業者を使うと、注文を2回に分けなければいけません。成行注文を使うとした場合、注文が2回に分かれていると2回目の注文タイミングが遅れ、有利な注文タイミングを逃す可能性があります。

したがって、最大ロットが十分に大きな業者を選ぶことは重要です。

約定力に不安がない

大口取引では、希望に近い価格と数量で約定するかどうかが重要になります。最大ロットに近い大きな数量の注文は、業者によっては処理に時間がかかることがあり、約定拒否やスリッページにつながるケースがあるからです。

約定力が高いことが期待されるFX業者の特徴として、以下の点を挙げることができます。

  • 約定スピードや約定率が具体的に公開されている
  • 約定拒否がないと公言している

取引ロットが大きくなる場合は特に、上記のような点を意識して業者を選ぶと良いかもしれません。

過去に悪質な出金拒否をしていない

大きなロットで取引をする場合は、FX業者に預ける資金が大きくなります。仮に出金拒否などに遭うと大きな損害を受けるので、不当な出金拒否をするような業者は避けなければいけません。

SNSなどで話題に挙がる出金トラブルの中には、ユーザー側に非があるケースも少なくありませんが、悪質な出金拒否も実際に発生しています。

対策として、検索エンジンやX(旧Twitter)などで出金に関するトラブルを調べたり、レビューサイトを参考にしたりできるでしょう。

海外FXでの出金拒否は本当?直近数年の事例や被害に遭った際の対処法を解説

自身が想定する最大ロットを扱える業者を選ぼう

海外FXでは、1回の注文で取引できる最大ロットが業者によって異なっています。30ロット(300万通貨)から1,000ロット(1億通貨)と、業者による幅は小さくありません。

そのため、大きなロットで取引をする場合は、自身が想定している最大ロットを扱える業者を選ぶことが重要になります。さらに、ロット数を増やしていく過程で、スリッページや約定拒否の発生についても検証していくと、有利な業者を見つけていけるでしょう。

この記事はお役に立ちましたか?

thumb_down いいえ
thumb_down はい

0人0人がこの記事が役に立ったと言っています

貴重な意見をいただきありがとうございます。

送信

関連する記事

海外FXで使えるデビットカードは?入出金の仕組みやメリットも紹介

に公開

に更新

good
海外FXと仮想通貨の損益は通算可能!税金で損しないために知っておきたい「雑所得」とは?

に公開

に更新

good
海外FXのピラミッディング|手法・失敗しないコツ・ナンピンとの違いとは?

に公開

に更新

good
海外FXでおすすめの銀行送金3選! 対応していない銀行や送金時の注意点

に公開

に更新

good
海外FXは本当に儲かる?稼いでいくシミュレーションや上達のための勉強方法を紹介

に公開

に更新

good