海外FXの出金方法のうち早いのはどれ?主要業者を着金までの日数で比較!

海外FXの出金方法のうち早いのはどれ?主要業者を着金までの日数で比較!

この記事は:

に公開されています

に更新されています

海外FXで使える出金方法のうち、早く着金する傾向にあるのは、オンラインウォレットや仮想通貨(暗号資産)での出金です。また、これらに次いで早いのは、基本的に国内銀行送金です。

ただし、着金するまでの日数は業者によって異なります。なぜなら、ユーザーの出金申請を受け取ってから送金処理をするまでの時間などが、業者によって違うからです。

この記事では、着金までにかかる一般的な日数を出金方法ごとに紹介し、主要業者を着金までの日数で比較します。

海外FXの出金方法を早さで比較

出金申請をしてから着金するまでの早さは、利用する出金方法などによって変わります。ここではまず、多くの海外FX業者が採用している出金方法ごとに、着金までにかかる一般的な期間を確認してみましょう。

icon_tryangle_black
出金方法と着金までの期間
出金方法 着金までの期間
国内銀行送金 ◯:1~3営業日
海外銀行送金 △:3~10営業日
クレジットカード △:7~30日
仮想通貨(暗号資産) ◎:即時~2営業日
bitwallet ◎:即時~1営業日
STICPAY ◎:即時~1営業日
出金方法 着金までの期間
国内銀行送金 ◯:1~3営業日
海外銀行送金 △:3~10営業日
クレジットカード △:7~30日
仮想通貨(暗号資産) ◎:即時~2営業日
bitwallet ◎:即時~1営業日
STICPAY ◎:即時~1営業日

これらの出金方法は、早さを基準にすると以下のイラストのように並べられます。

海外FXからの出金方法とその早さ

出金がすぐに完了する方法もあれば、着金までに数週間ほどかかる方法もあります。

急ぎでお金が必要なときは、反映が早いbitwalletやSTICPAYが便利でしょう。一方で、数日程度の日数を要しても良い場合には、現金をそのまま引き出せる国内銀行に送金するのが良いかもしれません。

notice
出金方法は自由に選べない

海外FX業者はさまざまな出金方法を用意しています。しかし、出金時になってユーザーが好きな方法を選べるというわけではありません。出金方法を選びたい場合、業者選びや入金方法選びの段階から、出金方法について意識しておく必要があります。

主要な出金方法の概要

補足として、それぞれの出金方法の概要を記載します。

国内銀行送金

国内銀行送金を選ぶと、FX業者側からユーザーが指定した日本の銀行口座へと出金されます。より具体的には、FX業者もしくはFX業者の提携先が保有している日本の銀行口座から、ユーザーが持つ日本の銀行口座へと送金されます。

口座間の送金は日常生活でよく利用される銀行送金と同じであり、比較的スムーズに完了します。

海外FX業者からの国内銀行送金での出金

海外銀行送金

海外銀行送金をすると、基本的に、FX業者もしくはFX業者の提携先が保有している日本以外の国の銀行口座から、ユーザーが保有している日本の銀行口座に送金されるイメージになるでしょう。

海外の銀行口座から日本の銀行口座に直接送金されることは、一般的ではありません。多くの場合、1つ以上の中継銀行(仲介役の銀行)が間に入ることで送金が成立します。中継が必要とされることなどから、処理に時間がかかります。

海外FX業者からの海外銀行送金での出金
point
海外銀行送金以外の選択が無難

複数の出金方法が用意されているのであれば、海外銀行送金で出金をするメリットは基本的にはないといえます。手数料が高い点や、着金までの時間が長いなど国内銀行送金に比べると不利な場合が多いです。

クレジットカード

クレジットカードでの出金は、入金時に行われたカード決済をキャンセルする形で実行されます。流れとしては以下の通りとなります。

  • ユーザーが出金を申請する
  • FX業者が申請を確認し、カード会社にキャンセルを伝える
  • カード会社がキャンセルの処理を行う
  • 引き落とし日にキャンセル分が反映される

返金が反映されるのは引き落とし日であり、引き落とし日は基本的に月に1度だけです。そのため、キャンセル処理が完了するタイミングによっては、反映までに1ヶ月ほどの時間を要します。

海外FX業者からのクレジットカードでの出金

仮想通貨

仮想通貨(暗号資産)での出金では、ビットコインやイーサリアムなどのネットワークを通じて、指定したウォレットへ仮想通貨が送金されます。利用するネットワークの種類などにもよりますが、ネットワーク上の処理だけであれば、数分から数十分で完了します。

FX業者側での出金申請の確認が早く終われば、早いタイミングで着金するはずです。

海外FX業者での仮想通貨による出金

bitwalletやSTICPAY

bitwalletとSTICPAYは、主要なオンラインウォレットサービスです。

これらによる出金を申請すると、FX業者もしくはFX業者の提携先が保有する専用ウォレットから、ユーザーが保有する専用ウォレットに送金されます。

専用ウォレットから銀行口座へ出金するには別途手続きが必要ですが、専用ウォレット間の送金はリアルタイムで行われるので、海外FX業者からはスムーズに出金できます。

海外FXでのbitwalletやSticpayでの出金処理
海外FXの入出金方法を徹底比較!手数料が安く着金が早い方法は?

主要な海外FX業者では出金完了までに何日かかる?

出金完了までにかかる時間をより具体的に確認してみましょう。ここでは、主要な海外FX業者で出金申請をしてから着金するまでの時間を、以下の出金方法ごとに記載します(2024年1月時点)。

notice
FX業者側の出金処理時間に注意

出金処理時間とは、FX業者がユーザーから出金申請を受けてから、申請内容などを確認し、出金手続きを終えるまでの時間です。オンラインウォレットなどの即座に反映できる出金方法を選んでも、この出金処理に時間がかかれば、着金までに時間がかかります。

国内銀行送金

国内銀行送金を使う場合、着金までにかかる日数の目安は以下の通りとなります。

icon_tryangle_black
国内銀行送金で出金した場合
海外FX業者 着金までの時間
Exness 最大3営業日
Titan FX 2~3営業日
HFM 最大2営業日
FXGT 5営業日前後
ThreeTrader 1~3営業日
海外FX業者 着金までの時間
Exness 最大3営業日
Titan FX 2~3営業日
HFM 最大2営業日
FXGT 5営業日前後
ThreeTrader 1~3営業日

FXGTでは5営業日前後と遅めになっていますが、基本的には1〜3営業日で着金するという結果です。

日常生活で利用する銀行振込と比較すると、1〜2営業日ほど余計にかかっていることになります。FX業者はユーザーからの出金申請を受け取るとその内容確認などをしており、これに時間がかかっていると考えられます。

このように業者側の確認作業で時間を要するものの、出金先に指定する銀行によっては比較的早く出金を完了させられる可能性があります。早く着金させたい場合は、モアタイムシステムに参加している銀行を利用しましょう。モアタイムシステムに参加している銀行は、平日夜間や土日祝日も入金に対応できるため、利用すると処理待ちの時間を短くできます。

海外FXでおすすめの銀行送金3選! 対応していない銀行や送金時の注意点

海外銀行送金

海外銀行送金を使う場合、着金までにかかる日数の目安は以下の通りとなります。

icon_tryangle_black
海外銀行送金で出金した場合
海外FX業者 着金までの時間*1
Exness -
Titan FX -
HFM -
FXGT 5営業日前後
ThreeTrader 1~3営業日
海外FX業者 着金までの時間*1
Exness -
Titan FX -
HFM -
FXGT 5営業日前後
ThreeTrader 1~3営業日

*1 海外銀行送金で出金できない場合、「-」を入力しています。

上記の表から分かるように、そもそも海外銀行送金に対応している業者は多くありません。ここでは各社の条件の比較を行うために、海外銀行送金に対応している業者を追加で確認します。

icon_tryangle_black
海外銀行送金で出金した場合
海外FX業者 着金までの時間
AXIORY 3~20営業日
Traders Trust 5~10日程度
Land Prime 3~5日程度
海外FX業者 着金までの時間*1
AXIORY 3~20営業日
Traders Trust 5~10日程度
Land Prime 3~5日程度

この中で最も早いのはThreeTraderで、国内銀行送金を行ったときと同じくらいの日数(1〜3営業日)で着金するとされています。しかし、ほとんどの業者では、おおむね5営業日前後で反映されることが一般的だと考えられるでしょう。

業者による違いはあるものの、やはり全体的には、国内銀行送金よりも多くの時間がかかるということが分かります。

この理由として、第三の銀行によって中継されることが挙げられます。また、海外銀行送金を使う場合、受取先の国内銀行から本人確認作業を求められ、これによっても余計に時間がかかる可能性があります。

早く出金したいときに、あえて海外銀行送金を選ぶ理由はないでしょう。

クレジットカード

クレジットカードでの出金が反映されるまでの時間の目安は、以下のようになっています。

icon_tryangle_black
クレジットカードで出金した場合
海外FX業者 着金までの時間*1
Exness 最大30日
Titan FX 7~30日
HFM 2~10営業日
FXGT 7~30日
ThreeTrader -
海外FX業者 着金までの時間*1
Exness 最大30日
Titan FX 7~30日
HFM 2~10営業日
FXGT 7~30日
ThreeTrader -

*1クレジットカードで出金できない場合、「-」を入力しています。

クレジットカードでの出金をした場合、着金するまでにかかる期間は1週間から1ヶ月ほどです。HFMは「2~10営業日」としていますが、この場合でも1ヶ月ほどの時間がかかる可能性はあると考えられます。

1週間から1ヶ月ほどと幅がある理由は主に、ユーザーの銀行口座に返金が反映されるのにかかる日数が、FX業者の返金処理完了のタイミングによって異なることにあります。例えば、FX業者の返金処理が締め日の後であれば、ユーザーの銀行口座に反映されるのが遅くなります。

point
クレジットカードの締め日の影響

締め日とは、カード会社が利用代金を集計する日のことです。カード会社による返金処理が締め日前に確定すれば、返金は次の引き落とし日に反映されます。

例えば、締め日が15日で引き落とし日が10日の場合、返金処理が15日までに完了すれば、返金されるのは翌月10日です。なお、同様の条件のとき、1日に海外FXに入金して、15日までに返金処理が完了すれば、翌月10日には入金分と返金分が反映され、残高には影響がありません。

海外FXでのクレジットカード入出金は実用的?入金できない理由も解説

仮想通貨

仮想通貨での出金を行った場合、着金までにかかる日数の目安は以下の通りとなります。

icon_tryangle_black
仮想通貨で出金した場合
海外FX業者 着金までの時間
Exness 最大24時間
Titan FX 最大1営業日以上
HFM 最大24時間
FXGT 最大48時間
ThreeTrader 1営業日
海外FX業者 着金までの時間
Exness 最大24時間
Titan FX 最大1営業日以上
HFM 最大24時間
FXGT 最大48時間
ThreeTrader 1営業日

今回調査した中で、特に早く処理される可能性が高いのは、ExnessやHFMです。いずれも「最大24時間」となっているので、どんなに時間がかかっても翌日には出金が完了していることになります。

Titan FXやFXGT、ThreeTraderは1日以上の時間がかかることも示唆していますが、仮想通貨での出金は、国内銀行送金などよりも早く完了する傾向にあります。基本的には、1営業日あれば完了すると考えて良いでしょう。

ただし、ネットワークが非常に混雑していると、着金までに普段の倍以上の時間がかかる可能性があります。稀な状況ではありますが、仮想通貨での出金をするなら念のため把握しておいて下さい。

bitwallet

bitwaletでの出金を行った場合、着金までにかかる日数の目安は以下の通りとなります。

icon_tryangle_black
bitwalletで出金した場合
海外FX業者 着金までの時間
Exness 最大24時間
Titan FX 即時
HFM 即時
FXGT 最大48時間
ThreeTrader 1営業日
海外FX業者 着金までの時間
Exness 最大24時間
Titan FX 即時
HFM 即時
FXGT 最大48時間
ThreeTrader 1営業日

bitwalletの専用ウォレット間の出金は、即座に完了します。そのため、出金申請をしてからすぐに着金が反映されるケースもあります。上記の比較表を見る限りでは、Titan FXやHFMでは素早く反映されると期待できます。

一方で、FXGTは最大で48時間かかるとしており、ThreeTraderは1営業日かかると説明しています。

出金完了までに48時間や1営業日かかったとしても、十分早いと感じる人もいるでしょう。しかし、「即時」としている業者もあるだけに、数日かかることに不満を感じる人もいるかもしれません。

着金までの時間を短くしたい人にとっては、bitwalletでの出金の早さは重要になりそうです。

knowledge
銀行に着金するのは通常3営業日以内

bitwalletの専用ウォレットから銀行口座へ出金するには少し時間がかかります。bitwaletからの出金を申請すると、その申請はbitwallet側によって翌営業日に処理されます。その後、銀行側での処理を経て、通常は3営業日以内に着金するという流れとなります。

STICPAY

STICPAYによる出金を使った場合、着金までにかかる日数の目安は以下の通りとなります。

icon_tryangle_black
STICPAYで出金した場合
海外FX業者 着金までの時間*1
Exness 最大24時間
Titan FX 即時
HFM -
FXGT 最大48時間
ThreeTrader -
海外FX業者 着金までの時間*1
Exness 最大24時間
Titan FX 即時
HFM -
FXGT 最大48時間
ThreeTrader -

*1STICPAYでの出金ができない場合、「-」を入力しています。

bitwalletで出金をする場合と同じく、Titan FXのように即時で着金すると説明しているFX業者もあれば、FXGTのように最大で48時間かかると案内しているFX業者もあります。

業者によって差が出ている理由もbitwalletのときと同じです。つまり、業者側が出金処理に要する時間が異なっており、これが着金までにかかる時間の差につながっています。

knowledge
銀行口座への出金にやや時間を要す

STICPAYから銀行口座への出金(国内銀行送金)を申請すると、2〜3営業日以内にSTICPAYによって処理がされます。それから1〜2営業日ほど経過すると、出金先の銀行口座に着金します。

休業日には出金処理がされないこともある

土日や祝日といった休業日の影響で、着金するまでにかかる日数が増えることもあります。休業日には、FX業者による出金処理や送金システムの運用に制限がかかることがあるためです。

休業日による影響を特に受けやすい出金方法として、以下の2つが挙げられます。

どのように影響を受けるかを出金方法ごとに見ていきましょう。

海外銀行送金

休業日による影響を特に受けやすいのは、海外銀行送金による出金です。

この出金方法には、海外FX業者や送金を行う銀行、1つ以上の中継銀行、受取を行う銀行といったように複数の機関が関わっています。各機関が休業日による影響を受けるので、着金するまでにかかる時間は長くなりやすいのです。

国内銀行送金

連休を挟んでいるといった理由により、その週の銀行の営業日が少ないと、国内銀行送金による出金の完了が大幅に遅れる可能性があります。

先述の通り、モアタイムシステムに対応している日本の銀行間では、平日夜間や土日祝日でも入出金が行われます。しかし、モアタイムシステムに対応していない金融機関とのやりとりは、平日の日中にしかできません。

そのため、海外FX業者が利用する銀行とユーザーが指定する銀行のどちらかが、モアタイムシステムに参加していない場合、国内銀行送金による出金完了が遅くなりやすいでしょう。

海外FXでの出金申請が受理されない原因

何らかの理由で出金申請が受理されないと、再申請が必要です。再申請をするとなると、その分、時間が追加でかかってきます。ここでは申請が受理されない原因のうち、よくあるものとして以下の5つを紹介します。

FX業者に登録した名義と出金先名義が一致していない

出金先の口座等の名義が、海外FX業者に登録した名義と一致しなければ出金できません。出金先が家族名義の口座であっても認められません。

これはマネーロンダリングを防ぐためのルールの1つです。

knowledge
マネーロンダリングとは?

マネーロンダリングとは、犯罪によって得られた収益金(汚れたお金)の出所を隠蔽し、正当な手段で得たお金と見せかける行為です。汚れたお金を一般市場で使用しても身元がばれないようにすることを目的としています。

スムーズに出金するためには、業者側に正確な個人情報を登録し、出金先の名義と一致させることが必要です。また、名義変更があれば速やかにFX業者に通知することが望まれます。

入金方法と出金方法が一致していない

同じくマネーロンダリング防止の目的で、海外FXからの出金は基本的に、入金時に使用した手段によって行われる必要があります。例えば、国内銀行送金で入金をした場合は、出金も国内銀行送金で行う必要があります。

ただし、入金で使用した銀行やクレジットカードが何らかの理由で利用できなくなった場合には、業者から案内される代替手段を通じて返金が行われることがあります。

出金の優先順位に沿っていない

海外FXでは基本的に、出金方法に優先順位が設けられています。複数の方法で入金したことがある場合、その優先順位に従って、順番に出金していく必要があります。

例として、国内銀行振込によって5万円を入金した後に、クレジットカードで10万円を入金しており、その後にトレードで10万円の利益を出したとします。そのFX業者が以下の優先順位としていた場合、ユーザーはどのような順で出金すべきでしょうか。

icon_tryangle_black
出金方法の優先順位
順位 出金方法
1位 クレジットカード/デビットカード
2位 ビットコイン
3位 その他の出金方法
順位 出金方法
1位 クレジットカード/デビットカード
2位 ビットコイン
3位 その他の出金方法

このユーザーはまず最初に、クレジットカードで10万円を出金しなければいけません。クレジットカードによる入金分(ここでは10万円)を全て出金しなければ、その他の方法での出金は一切できません。

なお、出金方法の優先順位はFX業者ごとに異なりますが、クレジットカードとデビットカードでの出金が最も優先されるという点は、ほとんどの海外FX業者で共通しています。

point
利益分の出金に関するルールも確認

出金の優先順位と併せて、利益分の出金に関するルールも確認しておきましょう。利益分は国内銀行送金によってのみ出金可能としている業者もあれば、入金したときに利用した方法に合わせる必要があるとする業者もあります。

最低出金額または出金限度額に反している

多くの海外FX業者は、出金方法ごとに最低出金額と出金限度額を設定しています。例えばExnessは、以下のように設定しています。

icon_tryangle_black
出金方法ごとの最低出金額
出金方法 最低出金額
国内銀行送金 250ドル相当
クレジットカード 入金状況による*1
ビットコイン 500ドル相当
bitwallet 1ドル相当
STICPAY 1ドル相当
出金方法 最低出金額
国内銀行送金 250ドル相当
クレジットカード 入金状況による*1
ビットコイン 500ドル相当
bitwallet 1ドル相当
STICPAY 1ドル相当

*1FX業者へのカード入金額のうち、最も少ない金額が最低出金額となります。例えば、1万円のカード入金と10万円のカード入金がある場合、最低出金額は1万円です。

icon_tryangle_black
出金方法ごとの出金限度額
出金方法 最低出金額
国内銀行送金 25,000ドル相当
クレジットカード 累計の入金額分
ビットコイン 10,000,000ドル相当
bitwallet 23,000ドル相当
STICPAY 10,000ドル相当
出金方法 最低出金額
国内銀行送金 25,000ドル相当
クレジットカード 累計の入金額分
ビットコイン 10,000,000ドル相当
bitwallet 23,000ドル相当
STICPAY 10,000ドル相当

同じ業者であっても、出金方法ごとに最低出金額と出金限度額は違います。少額の出金をしたい場合や、大きな金額の出金をしたい場合は事前に確認しておきましょう。

なお、海外FX業者によっては、出金額が大きくなると追加の書類提出を求められることや、出金が複数回に分けられることもあります。この結果として処理時間が長くなることも考えられます。

ポジション保有中の出金条件を満たしていない

海外FX業者は、ポジションを保有している間の出金条件を独自に決めています。

多くの場合、ポジション保有中であっても出金は可能ですが、何らかの制限を受けます。例えば、FXGTでは、証拠金維持率が200%以上に保てる範囲では出金ができる、といったルールとなっています。

当然ながら、この条件を満たさない場合は出金できません。

使いやすいのはオンラインウォレットや国内銀行送金か

海外FXで利用できる出金方法のうち、出金申請をしてから着金するまでが早いのは、オンラインウォレットや仮想通貨(暗号資産)での出金です。仮想通貨での出金には馴染みのない方が多いかもしれませんが、オンラインウォレットでの出金は比較的分かりやすく、有用な手段となりやすいでしょう。

銀行口座に早く着金させたいなら、国内銀行送金が優れています。オンラインウォレットや仮想通貨での出金では、銀行口座ではなく専用のウォレットに送金する形となるので、銀行口座に反映させるには追加で時間がかかります。したがって、1〜3営業日で銀行口座に着金させられる国内銀行送金も無難な選択肢だといえそうです。

この記事はお役に立ちましたか?

thumb_down いいえ
thumb_down はい

1人1人がこの記事が役に立ったと言っています

貴重な意見をいただきありがとうございます。

送信

関連する記事