海外FXは1万円からでも成功できる?1万円から始めるメリット・デメリットを解説

海外FXは1万円からでも成功できる?1万円から始めるメリット・デメリットを解説

この記事は:

に公開されています

に更新されています

ブログやSNSでは、「海外FXで1万を100万円にする」といった投稿が見られることがあります。

実際、FXで1万円を10万円や100万円にすることは不可能ではありません。しかし、これは初心者に勧められるような目標ではありません。達成するには相応の運と実力が必要となるからです。

本記事では、1万円から海外FXを始めるメリット・デメリットや、1万円を有効に使う方法を紹介します。

海外FXでは1万円からでもトレードできる

海外FXを利用すれば、1万円からでもトレードを始められます。

利用する海外FX業者や取引する銘柄によって違いはありますが、ポジションは数百円からでも保有できます。一般的な口座でドル円を取引するなら、最大レバレッジ400倍の場合、最低限必要な証拠金はわずか2.5ドル(USD)です。1ドルが150円の場合、これは375円に換算できます。

1万円の証拠金があれば、十分に海外FXに挑戦できるといえます。

なお、少額の入金で取引したい場合は、最低入金額に注意して下さい。1万円の原資でトレードしたい場合は、1万円以下の入金に対応したFX業者や入金方法を選ぶ必要があります。

海外FXの最低入金額はいくら?少額から始める方法と業者の選び方を解説

国内FXでは取引の自由度が下がる

1万円からトレードすることは、国内FXでも可能です。しかし、国内FXで少ない資金を使った取引をすると、取引の自由度が下がってしまいます。

例えば、一般的な国内FX口座を使い、ドル円を最小の取引量だけトレードするとき、少なくとも40ドルの残高が必要となります。1ドルが150円ならば40ドルは6,000円です。最小の取引量でトレードするためには最低でも6,000円が必要なので、取引資金が1万円なら最小単位のポジションしか持てません。

海外FXではより多くのポジションを持てるため、国内FXでは取引の自由度が高くないといえます。

保有できるポジション量の違い

また、1万円を使って国内FXでポジションを保有した後は、多くの場合、4,000円分の損失が生じると取引を中止させられます。

一方で海外FXを利用すれば、より多くの損失が生じたとしてもポジションを保有し続けることができます。この点を踏まえると、国内FXではチャンスが狭まってしまう可能性があるといえます。

海外FXでは少額取引がしやすいとされる理由

一般的に、少額の資金からFXを始める場合、国内FXよりも海外FXのほうが有利だとされています。その理由として、以下の3点を挙げることができます。

国内FXと比較しながら解説していきます。

最大レバレッジが高い

FXのレバレッジは、日本の法律により最大25倍(法人口座は最大100倍)に制限されています。そのため、国内のFX業者は25倍よりも大きいレバレッジを提供できません。

一方で、海外FX業者は日本の法律等による制限を受けないため、それぞれの会社の方針によって最大レバレッジを定めることができます。これにより、海外FX業者では100倍や400倍といった高いレバレッジの提供が可能になっています。

knowledge
レバレッジとは?

FXのレバレッジとは、担保として預けた資金の何倍もの量を取引できるようにする仕組みです。「レバレッジ」という言葉は、小さな力で重い物体も動かすことができる法則「てこの原理」に由来しています。

海外FXの高いレバレッジを利用すれば、取引数量が同じとき、より少ない証拠金でポジションを保有できます。ドル円を1ロット(10万通貨)取引した場合、最低限必要な証拠金(必要証拠金)が、レバレッジごとにどのように変わるか確認してみましょう。

icon_tryangle_black
レバレッジと必要証拠金
レバレッジ 必要証拠金*1
25倍 600,000円
100倍 150,000円
400倍 37,500円
レバレッジ 必要証拠金*1
25倍 600,000円
100倍 150,000円
400倍 37,500円

*11ドルを150円として計算しています。

国内FXの最大レバレッジは25倍なので、先ほどの条件で1ロットのドル円を取引するには、最低でも60万円が必要です。これに対して、海外FXで数百倍ものレバレッジを活用する場合は、数万円を用意するだけで取引ができます。

また、用意できる取引資金が同じとき、海外FXを使うほうが大きなポジションを持てます。これも高いレバレッジが使えることの恩恵です。

実際にFXを1万円で始めた場合、どの程度のロットで取引ができるのかを国内FXとの比較を交えて紹介します。最大レバレッジ25倍と400倍の場合を比較すると以下のようになります。

icon_tryangle_black
レバレッジ別の保有可能ロット数
最大レバレッジ 保有可能ロット*1
25倍 0.01ロット
400倍 0.26ロット
最大レバレッジ 保有可能ロット*1
25倍 0.01ロット
400倍 0.26ロット

*11ドルを150円として、ドル円をトレードした場合で計算しています。

国内FXの最大レバレッジは25倍です、したがって、国内FXでは最大のレバレッジをかけたとしても、保有できる最大のポジションは0.01ロットです。一方で、海外FXでレバレッジ400倍を用いれば、最大で0.26ロットまで保有が可能となります。

以上のように海外FX特有の高いレバレッジを使えば、1万円からでも複数のポジションを保有したり、取引ロット数を細かく調整をしたりできます。そのため、戦略の幅を広げやすくなるでしょう。

海外FXのロットとは? ロット計算と適正なロット数について解説

強制ロスカット水準が低い

海外FXでは強制ロスカット水準が低く、これによっても少額での取引がしやすくなっています。

なお、強制ロスカットとは、保有するポジションの含み損(未確定の損失)が一定の水準に達すると、ポジションが自動で決済される制度のことです。また、強制ロスカット水準とは、強制ロスカットが執行される水準のことです。

強制ロスカット
knowledge
水準が低いほど多くの損失に耐える

強制ロスカット水準が低ければ、より大きな含み損を抱えるまで強制ロスカットされません。言い換えると、より大きな含み損を抱えても、ポジションを持ち続けることができます。

強制ロスカット水準は、国内FXでは50%や100%であることが一般的です。一方、海外FXでは20〜40%になっていることが多く、0%に設定されていることもあります。

海外FXでは強制ロスカット水準がより低いため、より多くの含み損に耐えることが可能であり、その分、トレード戦略の幅が広がります。

ロスカット水準によって耐えられる含み損額に違いがある
海外FXの強制ロスカットとは?計算方法やロスカット水準の比較を紹介

ゼロカットが採用されている

ほとんどの海外FX業者は、ゼロカットという仕組みを採用しています。ゼロカットとは、急激な価格変動によって口座残高がマイナスになった場合でも、FX業者がマイナス分を補填してくれる仕組みです。

例として、証拠金が20万円のときに、相場の急変動によって30万円の損失が発生したとします。ゼロカットのない業者を使っていれば、30万円がそのまま損失となりますが、ゼロカットのある業者を使っていれば、マイナス分の10万円が補填されて損失は20万円となります。

ゼロカットなしとゼロカットありの比較

ゼロカットを採用している海外FX業者を利用すれば、基本的に、入金した金額以上の損失は発生しないことになるので安心感があるでしょう。

一方で、国内FX業者は法律によりゼロカットを採用できません。そのため、国内FX業者を利用していて、口座残高が万が一マイナスになったら、マイナス分の追加入金を求められます。

海外FXで1万円を100万円にするのは可能?

ネット上には、「1万円を100万円まで増やした」という体験談や、そのやり方を紹介している発信が無数に見られます。このような発信を目にしたことのある人は多いでしょう。

実際に1万円の資金から100万円まで増やすようなことは可能なのでしょうか。ここでは、その実現可能性やリスクについて説明します。

短期間で100万円まで増やすことは難しい

高いレバレッジを活用すれば、1万円を100万円にすることは理論上可能です。目いっぱいまでレバレッジをかけてギャンブル的なトレードをすれば、1ヵ月以内に100万円にまで増やせる可能性があります。

例として、1万円を入金し、レバレッジ400倍をフルに活用したとして考えてみましょう。毎日20pipsを獲得し、複利で運用していく場合、11連勝できれば最短11日で約100万円まで資金を増やせます。

icon_tryangle_black
1万円を100万円する際の試算
日数 ロット 残高
1日目 0.2 14,000円
2日目 0.3 20.000円
3日目 0.5 30.000円
4日目 0.8 46,000円
5日目 1.2 70,000円
6日目 1.9 108,000円
7日目 3.0 168,000円
8日目 4.6 260,000円
9日目 7.2 404,000円
10日目 11.2 628,000円
11日目 17.5 978,000円
日数 ロット 残高
1日目 0.2 14,000円
2日目 0.3 20.000円
3日目 0.5 30.000円
4日目 0.8 46,000円
5日目 1.2 70,000円
6日目 1.9 108,000円
7日目 3.0 168,000円
8日目 4.6 260,000円
9日目 7.2 404,000円
10日目 11.2 628,000円
11日目 17.5 978,000円

しかし、これを実現することは、ほとんど不可能といっても過言ではありません。

このようなトレードの多くは、運と実力の両方を要する取引で、再現性は高くありません。FX経験の少ない方が挑んだ場合、1万円が瞬く間になくなってしまう可能性が高いでしょう。

この他の方法として、強制ロスカットのリスクを受け入れて、大きなロットで天井や底でポジションを取り、数百pipsの利幅を狙うことも考えられます。これも不可能ではありませんが、非常に高い技術力と運が必要です。

FXを安定した収入源としたいなら、このようなギャンブル的なトレードは避けたほうが良いでしょう。

SNSなどの情報を鵜呑みにするのは危険

「海外FXで1万から100万円」といった発信内容は、鵜呑みにすべきでないでしょう。

もちろん、中には本当に少額から10倍や100倍にした方もいると考えられますが、集客のために嘘を書いている人も一定数いるはずです。

魅力的な文言やデモトレードのトレード履歴などで顧客を引き付けておいて、高額な情報商材やサロンに勧誘しているケースも少なくはないので、記事の内容を鵜呑みにしないことが大切です。

notice
取引履歴は簡単に偽造できる

デモ口座では、口座残高を自由に設定できる場合があります。口座資金を好きなように設定できるなら、莫大な利益を得ていると見せかけることは簡単です。例えば、仮想資金(暗号資産)銘柄で数億円分の両建てを行い、利益が出たほうだけを決済すれば、大きな利益を出しているような取引履歴を作れます。

数年間で100万円まで増やすほうが現実的

1万円を100万円にする方法としてよく見聞きするのは、先述したようなハイリスクハイリターンのトレードかもしれません。しかし、長い月日をかけてコツコツ増やすことによっても、この目標は達成可能です。時間はかかりますが、こちらのほうが現実的でしょう。

コツコツと増やしていくなら、1万円を月利10%で複利運用していくようなイメージとなります。月利10%を安定して出すことは非常に難しいですが、参考までに紹介すると、この運用をした場合、4年8ヶ月ほどで100万円を達成できます。

月利10%は難易度が高いため、より現実的な目標を立てるなら月利5%としたほうが良いでしょう。収益率を下げると資産を増やすのに時間がかかってしまいますが、実現可能性は高まります。

knowledge
必要に応じて取引資金を貯めよう

用意できる資金が1万円という状況なら、1万円はトレードの練習用に使うほうが良いかもしれません。1万円でトレードの練習をしながら、仕事などで取引資金を貯めていくことにより、より短い期間で目標金額を稼げるようになる可能性があります。

1万円からFXを始めるメリット

1万円からトレードを始めることには、以下のようなメリットがあります。

手軽である

1万円からであれば、家計や貯蓄に大きな負担をかけることなく、手軽にFXを始められます。

投資や運用と聞くと、数十万〜数百万円の資金が必要とされるイメージがあり、なかなか挑戦できないという人もいるかもしれません。しかし、1万円であれば趣味の範囲内ともいえる出費であり、気軽に始められるでしょう。

始めたいと思いつつも、一歩が踏み出せない人は、まずは1万円から始めてみると良いかもしれません。

損失を1万円に抑えられる

ゼロカットが採用されている海外FX業者では、入金額以上の損失は出ません。つまり、1万円からスタートすれば、どんなに大きな失敗をしても損失は1万円です。

FX初心者であれば当然、トレードで損失を出すリスクは高いでしょう。最初から数十万円や数百万円でトレードを行ったら、取り返しのつかない損失を出してしまうかもしれません。

一方で1万円の入金に留めておけば、損失が出てしまっても勉強代として受け入れやすいでしょう。

精神的な負担を軽減できる

1万円でFXを始めれば、精神的な負担を軽減できます。

大きな資金を入れてレバレッジをかけたトレードを行うと、含み損益が比較的大きく増減するので、大きなストレスとなりやすいです。一方で、1万円だけを入金する場合、極端なハイレバレッジ取引でない限りは、含み損益は大きく変動しづらいため、精神的な負担となりづらいでしょう。

ただし、いつまでも1万円でトレードを続けていては資金が増える速度は上がりません。また、十分なストレス耐性を手に入れづらいです。トレードに慣れてきたら徐々に証拠金や取引ロット数を増やすなどするのが良いでしょう。

1万円からFXを始めるデメリット

1万円からFXを始めることには、以下のようなデメリットも存在します。

満足のいく利益を得るのは難しい

1万円でトレードを行う場合、満足のいく利益を出すのは難しくなります。例えば月利30%という高いパフォーマンスを実現したとしても、元手が1万円の場合、1ヶ月で3,000円という利益にしかなりません。

高いレバレッジをかけて大きなポジションを持てば、1万円からであっても、数倍や数十倍にするような利益を出すことは可能です。しかし、これはトレードに精通した人でも簡単なことではありません。初心者の人が下手に真似をすると、逆に大きな損失を出す恐れがあるので、避けるのが無難でしょう。

このように、1万円から短期間で大きく稼ぐことは難しいです。1万円でトレードを始める場合は、利益の金額はあまり考えず、練習や経験を積むためと割り切ってトレードするほうが良いでしょう。

point
利益率に着目しよう

少額取引の場合、利益額ではなく利益率に着目することで、目先の金額に惑わされにくくなります。1万円で3,000円の利益を出すのも、100万円で30万円の利益を出すのも、利益率は30%で同じです。利益率を重視してスキルを向上させ、資金が増えたらより大きな利益を目指しましょう。

緊張感を持続させにくい

原資が1万円では、1回のトレードで得られる利益が数百円になることも少なくありません。そのため緊張感を持ちにくく、エントリーや決済タイミングの吟味が疎かになってしまいやすいです。

その結果、無闇にポジションを持ったり、損切りをせずに放置してロスカットになったりと、緊張感のないトレードをしてしまう可能性があります。

緊張感のない取引を繰り返していては、トレード技術がなかなか上達しません。1万円でトレードを始める場合は、なんとなく取引を行うのではなく、自分に合った戦略で取引することが大切です。取引ルールや資金管理のルールを決めるなど、事前の準備の上で取引に臨みましょう。

その後のトレードに支障をきたすリスクがある

1万円を入金してギャンブルトレードをした場合に限りますが、運良く1度大きな利益を経験してしまうと、コツコツと利益を積み上げていくトレードに満足できなくなる場合があります。

得られた利益の大きさやそのときの感覚が忘れられず、ギャンブルトレードを繰り返すと、途中でどれだけ大きく勝っていても、どこかで大きく負けてしまい、最終的にはお金がなくなってしまうという悪循環に陥るリスクがあります。

ギャンブル的なトレードには、その後のトレードに支障をきたす恐れがあるので注意して下さい。

海外FXで1万円を有効活用する方法

取引資金を1万円に限定すれば、リスクを抑えて手軽に取引できます。しかし、考えもなく少額取引を繰り返しているだけでは、利益どころか技術や経験値も得られません。そのため、なるべく有意義に1万円を使いましょう。

特に初心者やトレード経験が浅い人には、1万円をトレードの練習に使うという方法がおすすめです。

この方法を実践する場合、1万円で大きな利益を狙うことはしません。最低取引量の0.01ロットでトレードの経験を積むことを目的として下さい。こうして経験を積み、再現性が高いトレード手法を身に付けることができれば、ある程度安定した収益を長期的に得ていくことが可能となります。

また、最低ロットで経験を積みながら取引資金を貯めていくと、より効率的です。この方法なら、トレードに自信が持てたタイミングからは、ある程度まとまった資金で取引をしていくことができます。

リアルトレードが推奨される理由

トレードの経験はデモトレードでも積めますが、よりおすすめなのは少額でのリアルトレードです。リアルトレードでは技術面だけでなく、トレードにおいて重要なメンタル面も鍛えることができるからです。

point
技術面もメンタル面も鍛えよう

いくらトレード技術があっても、適切にメンタルコントロールができなければ、その技術を活かすことはできません。技術面とメンタル面のバランスが欠けていると、長期的に利益を出し続けるのは難しいでしょう。

ここで、メンタル面に注目しながらデモトレードとリアルトレードを比較してみましょう。

デモトレードでは仮想の資金を使うため、いくら失敗しても自分の資産が減ることはなく、精神的な負担を感じることがありません。一方で実際の取引では、自分の資産がリアルタイムで増減します。刻一刻と変動する資産額や損益は、トレーダーのメンタルに影響を及ぼします。

メンタルという点に注目すると、デモトレードとリアルトレードが別物であると分かります。

デモトレードとリアルトレードではメンタル面への影響が異なる

デモトレードでしか経験を積んでいない人が、これまでと同じ姿勢でリアルトレードに向き合うと、さまざまな感情的な困難に直面します。例えば、リアル口座で損失を確定させることに抵抗があり、ルール通りに損切りできないかもしれません。また、連続して損失を出した後に、焦りから投げやりなトレードをすることや、損失を取り戻したい一心で余計なエントリーをすることがあるかもしれません。

数十万円や数百万円という元手で上記のような状況に陥り、失敗をしてしまったら、今後トレードを続けられない恐れもあります。しかし、少額であったとしてもリアルトレードでの経験を積んでおけば、精神的な負担への耐性を付けておけるので、より有利に取引を進めていけるでしょう。

明確な目標をもって1万円からFXを始めてみよう

海外FXは1万円からでも始められ、利益を上げることを狙えます。

短期間で1万円を10万円や100万円に増やすことも理論上可能で、実際にそのようにして成功した人もいます。ただし、これには運と実力が必要です。誰にでもできるわけではありません。

そこで、おすすめしたいのが、1万円という少額の資金でトレードスキルを身に付けることです。そのためには、長期的な視点でトレード資金を貯めつつ、1万円でトレードのコツを学んでいくのが良いでしょう。トレード技術を磨けば、将来的には大きな利益を得ることも可能になります。

この記事はお役に立ちましたか?

thumb_down いいえ
thumb_down はい

0人0人がこの記事が役に立ったと言っています

貴重な意見をいただきありがとうございます。

送信

関連する記事

海外FXで使えるデビットカードは?入出金の仕組みやメリットも紹介

に公開

に更新

good
海外FXと仮想通貨の損益は通算可能!税金で損しないために知っておきたい「雑所得」とは?

に公開

に更新

good
海外FXのピラミッディング|手法・失敗しないコツ・ナンピンとの違いとは?

に公開

に更新

good
海外FXでおすすめの銀行送金3選! 対応していない銀行や送金時の注意点

に公開

に更新

good
海外FXは本当に儲かる?稼いでいくシミュレーションや上達のための勉強方法を紹介

に公開

に更新

good